歌舞伎, 舞台

【口コミ・感想】六本木歌舞伎 『座頭市』の評判、評価

0

「現代に対する風刺も交えつつ笑いがありながらも色々考えさせられました!」「台詞の無い場面でも存在感の強い海老蔵さん、一人二役の演技と色気が素晴らしかった寺島しのぶさんのタッグに圧倒された!!」

 

(©六本木歌舞伎 『座頭市』)
公演中【2017年2月4日(土)~2月20日(月)】

六本木歌舞伎 『座頭市』とは

2015年2月、「六本木歌舞伎」第1弾となる『地球投五郎宇宙荒事』を上演した。同公演では、市川海老蔵と中村獅童が共演し、脚本を宮藤官九郎、演出を三池崇史が手がけ、連日満員の大盛況のまま千秋楽で幕を閉じた。
そして、第2弾となる今回は、脚本をリリー・フランキー、演出は三池崇史が担当する。リリー・フランキーが描く新解釈の『座頭市』を、三池演出がどう色付けするのか?!
歌舞伎界を牽引する市川海老蔵と、日本を代表する女優 寺島しのぶ、22年ぶりの強力タッグが実現します! それぞれの強い個性がぶつかり合う豪華な顔合わせ。是非ご期待下さい!-六本木歌舞伎 『座頭市』-

 

 

六本木歌舞伎 『座頭市』を観た人の感想、評価、口コミ

六本木歌舞伎「座頭市」を観てきました!
師匠がめっちゃ目立ってて(セットの都合で1人だけ見えてる)「おっほww師匠おるやんwwww」ってなったり、
生海老蔵さん観て「やっぱお芝居の時は声の深みが違うなあ」って思ったり、
とにかく圧倒される舞台でした!

 

いや〜初めてでしたが面白かった!楽しかった!
役者さんの演技の迫力や対応力などプロのお芝居を生で見ることができほんとうに勉強になりました!殺陣もほんとかっこよかったなぁ

 

六本木歌舞伎「座頭市」観てきました!
もう、本当に、ここ数年で観た舞台の中で1番面白くて感動しました。エンターテイメントを詰め込んだ、見やすすぎる歌舞伎で、伝統あるものを若い世代にも伝わるようにと目線を合わせてくださっていて、なんか恐縮してしまいました。途中休憩まで、キャストの方々が普通にエスカレーターに乗ってたり会場を歩き回って下さっていて、始まってから終わるまで、一瞬も目が離せませんでした。

 

あんな至近距離で海老蔵さんを見られる日がくるとは、、、超いい匂いしたし、、、はぁ。演出脚本衣装舞台セットキャストぜーーんぶ最高。最後はキモいくらい泣きました。こんど海老蔵さんの普通の歌舞伎も観に行きたいな。
ありがとうございました。

 


六本木歌舞伎みてきた♡
慎吾くんの座頭市とはぜんっぜん違った 笑 脚本リリーさんだしね。ヒップホップだったり今の芸能ネタがセリフ?アドリブ?にあったり摩訶不思議な座頭市。演出は三池さん。セットやライティングは歌舞伎には絶対ない世界。

 

三池崇史監督演出、リリー・フランキー脚本の六本木歌舞伎「座頭市」を妻と観劇してきました。もちろん市川海老蔵さん、寺島しのぶさんというお二人が主演で非常に面白く観ることが出来ました。見せ場もたくさんあり、あっという間の観劇時間…

 

六本木歌舞伎の第2弾「座頭市」を観に行きました。海老蔵さんにはグイグイ引き込まれるし、寺島しのぶさんの花魁も綺麗だった。幕間も楽しかった。

 

六本木歌舞伎第二弾。赤い衣装をまとった海老蔵の座頭市が新鮮。華やかさを武器に歌舞伎の枠をグイグイと広げていくエンターテイナーぶりが見所。寺島しのぶも冒頭の花魁道中など、初めての“歌舞伎”出演を存分に楽しんでいる様子。

 

サイドの席に座って見ていた三池さん、めちゃめちゃオーラ出てた。
花のお江戸の六本木。笑いと皮肉とかっこよさ。まさにエンタメ、そんな時間。
初回は宮藤さん、二作目はリリーさん。次の六本木歌舞伎はどんな作品になるのか、気になる。

 

六本木歌舞伎観て来た!
座頭市!
三池監督演出!
とってもとってもよかったです…!自分のために初めてS席買ってしまったけど奮発してよかった
海老蔵が私の目の前で睨みを利かせていましたすごかったきっともうこんなことない!
良きS席デビューでした。

 

六本木歌舞伎も良いけれど、やっぱりホンモノの歌舞伎の方が見ごたえはあるわけで。右團次さんがいるからこそビシッとしまった感はあった。座頭市という物語そっちのけな感じが否めないような。

 

市川海老蔵「六本木歌舞伎」へ。色恋やらコメディやら、海老蔵との食い合わせの悪さはひしひしと感じたけど、座頭市の立ち回りはさすがだなあ。映画みたいにこったカメラワークやロジカルな説明がなくても、座頭市が全員を一瞬で倒すことに問答無用の説得力がある。二列目で観れてよかった。

 

 

六本木歌舞伎。映画なら派手な立回りでバッタバッタと斬られるシーンが見どころになるけれど、歌舞伎でどうする?を座頭市に色恋を絡めましたという脚本。座頭市が笑いを取ろうとする台詞がしっくりこない。海老蔵さんコメディ不慣れだからね。
再演あるなら座頭市本人はクール路線が良いかと

 

六本木歌舞伎「座頭市」 歌舞伎舞台に立つしのぶさんを観たかったので満足。出のしのぶさん菊ちゃんそっくり!竹田奴に囲まれていても結界があるレベルできっぱり美しい花魁。かと思うと演歌歌ったり早替りでコメディ味も披露。

 

六本木歌舞伎「座頭市」に。
女性に生まれた事で、歌舞伎役者になれなかった寺島しのぶは「音羽屋!」の掛け声に何を思ったのだろう。
こっちが勝手に泣けてしまう。
海老蔵演じる座頭市は、力強くて不器用で優しい。
楽しい舞台だったー❗️

 

六本木歌舞伎「座頭市」観に行ってきました!
わっぜ、面白かった✨
今迄観た歌舞伎とガラリと変わってユーモラスも満載!
真となる海老蔵さんの空気感のみごとなこと。静と動、緊迫感と緩み。
膨大な感情を限りなくシンプルな動きのみで表す日本芸能は本当に素晴らしい。

 

親しみやすいというか、色々なネタが入り込んでて思ってた以上にくだけてて
面白くて引き込まれてきたざんす(*´ω`*)
それに役者さんの気迫が席まで伝わってきてしびれた。。。

 

六本木歌舞伎 座頭市!!行ってきました(*^^*)感想は めちゃくちゃ楽しかったです。海老蔵さんのあれやこれや、笑いあり、うん‥。母も喜んでた。良かった良かった。

 

祖母・母と3人でこちらの公演へ。台詞の無い場面でも存在感の強い海老蔵さん、一人二役の演技と色気が素晴らしかった寺島しのぶさんのタッグに圧倒された!時事ネタや某映画ネタを劇中に盛り込んだり、お客さんとの絡みもあって新感覚な歌舞伎を楽しめました。

 

六本木歌舞伎 座頭市!!
すべてがめちゃくちゃカッコ良かった✨役者と観客の心が一つになってセッションしていくlive感!感動!!最ッ高!!

 

今日は母と六本木歌舞伎第二弾
「座頭市」を観に。笑いもあり引き込まれてしまった。リリーさんはいなかったけど、三池崇史さんがいたので握手してもらった♪ましゃからのお花もあったよ(*^^*)

 

六本木歌舞伎 第二弾 「座頭市」観てきました! 自由の集合体みたいな。しかも、その自由のレベルが圧倒的な高次元で次々と展開されていって。そこに唄やセット小道具、照明等加わり。これでもか!!!ってくらい華やかでいてそして偉大で。こういう作品にもっともっと関わっていきたい。

 

娘と六本木歌舞伎座頭市を観てきました。現代に対する風刺も交えつつ笑いがありながらも色々考えさせられました。海老蔵さんの見得(にらみ)も至近距離で拝むことができました。眼が見えていても大事なものを見落としていないか、塵を自分の頭の上につもらせていないか。よく考えてみたいと思います。

 

六本木歌舞伎、リリーさんはどんだけ寺島しのぶさんのこと好きなんだろうっていう素敵で忙しい当て書き。演じ尽くされた感のある座頭市をファンタジックなダイナミズムで閉めるとは古典でも○○潭好きな人には堪らない物語。レトロな美術、pop&伝統的衣装にライティング!三池監督パーンキー(ン)

 

次のページへ続く→

 



Related Posts

感想など自由に書き込んでください☆※お名前(匿名)を記入しないと送信できませんのでご注意を★

映画の感想・口コミなら

ENJOY_CINEMA

・ENJOY CINEMA(エンジョイシネマ)

上映中の注目おススメ映画の口コミ・最新映画ランキング・試写会情報など最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。