星組

【口コミ・感想】宝塚星組『「桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-」「ロマンス!!(Romance)」』の評判、評価

0

「本気で泣いてしましました。北翔さんの気合に圧倒され、紅さんの最後の演技、ノックアウトです!」「噂に違わずラストでは泣かされました!」「退団前に観れてよかった!もっと観たかったなぁ。」

 

cpl73a0000008do5(©宝塚歌劇団)
公演中【2016年10月21日(金)~11月20日(日)】

宝塚星組 『桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-』とは

幕末の動乱期に雄大な桜島がそびえる薩摩藩の貧しい城下士の家に生まれ、人並みはずれた度胸と剣の腕で、明治維新の立役者の一人ともなった桐野利秋。明治新政府では陸軍少将に任じられながらも、敬愛する西郷隆盛と共に下野し、“避けられぬ宿命”西南戦争へと身を投じて行く。彼が命を賭けて守り抜こうとしたものは果たして何だったのか……。会津藩との戦いの最中に出会った娘との恋や、苦楽を共にしてきた薩摩兵児達との友情、そして対立を交え、“真心”を持ち、己の“義”に真っ直ぐに生きた最後の侍の生き様を描き出します。-宝塚歌劇団-

 

 

宝塚星組 『「桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-」「ロマンス!!(Romance)」』を観た人の感想、評価、口コミ

「桜華に舞え」を初観劇( ¨̮ )方言聞き取れるか不安だったけれど杞憂だった…。話の展開が意外に早くて泣く程にはいかなかったけれど、二回めの観劇でかわるのかな〜。紅ゆずるさんの切ないお芝居がとても素敵だった…。

 

みちふう「桜華に舞え」観劇🙌 本当に忙しくて中々行けなかったから 久々だしみちふうの星組さんは 最初で最後😭😭 入りも風ちゃん可愛かった💕

 

最近、桜華に舞えについてよく考えてるけど、宝塚とかご贔屓とかなくただのお芝居として観た時、私の一番は隼太郎。隼太郎のあの慟哭に桜華の全てが詰まってる、と思ってる。そして、宝塚星組としての桜華に立ち返って観ると、やはり隼太郎の役はさゆみさんで良かったなと思ってる。

 

桜華に舞え。 思い出しただけでも泣ける… つまりはもう一度観たいということ。

 

桜華に舞えの冒頭の麻央くんの犬養毅が出てきた時に何でここで五・一五事件のシーンになるの?と疑問に思ってたんだけど、あの新聞記者でなるほど!と今になって納得した(気付くの遅い)

 

桜華に舞えの曲を無限リピートして聞いてます!プロローグ聞くにつけ、あの時の着物に袴に刀差して踊ってた姿と切れ長な日本物っぽいメイクの流し目がめっちゃ頭に浮かんでときめく(笑)

 

宝塚星組公演『桜華に舞え!』/『ロマンス!!』を観に行きました✨花組エリザ以来のみちこさん、素敵でした💕これがたか最後の姿か、と悲しくなりました。でも、退団公演観れて幸せです。ふーちゃんも可愛いし、歌もうまいし、みちこさんとのカップルは最強でした〜

 

やっぱり桜華に舞えおもしろい。西南戦争について猛勉強して、文字だから鹿児島弁も耳で聞くよりはわかりやすくて、そしたら本当におもしろい。 でもこれ予備知識なしで見たら伝わらないよなぁ。もったいないよなあ。

 

桜華に舞え感想① 全然前評判知らずに観ました。 とりあえずの疑問は、薩摩藩士が物凄く方言なのに、会津藩士は超綺麗な標準語であること。どちらも方言では物語がわかりにくすぎるっていうのは分かりますが、矛盾を感じながら観るのもなかなか気合いが要るものですね。

 

桜華に舞え感想② 史実を理解している前提で話が進むので、漠然と戊辰戦争あったね〜くらいの私は感情移入のポイントを見失いました。同じ知識無しで見た前田慶次はとても楽しめました。違いを考察するに、桜華は登場人物紹介が甘いのが原因の1つかなと思いました。

 

桜華に舞え感想③冒頭の殺陣シーン、とても素晴らしいのに、関係性の説明が不十分なまま、割りと尺があるのが勿体無い。サイトーくんが好きな、ビジョン使用でも良かったのではないでしょうか。

 

桜華に舞えメモ:泣いた。会津が出た時点で泣いた。義を重んじ進む事をやめない会津、ちょっとしか出てこないけどダメだ。泣けてくる

 

今日は桜華に舞え&ロマンス見に行ってきました♪( ´▽`)みっちゃんもうちょっと観たかったなぁ〜 べにさんの涙にもらい泣きでした😂

 

 

桜華に舞え 方言聞き取れないし、歴史の流れはよくわかってないけど、泣けたのよ。こんなこと初めてで戸惑う

 

桜華に舞え2回目だったのですが、前回から気になっていたロマンスではじめの大階段でみっちゃんの上斜め上手側にいるピンクのお衣装の娘役さん!プログラムで確認したら水乃ゆりさんでした😊首が長くて綺麗💕少し音くり寿さんに雰囲気が似てる気が…

 

北翔さんの善なオーラに劇場全体が包まれてヒーリング力すごかった。心のHPが復活した。桜華に舞え

 

星組 桜華に舞え、めちゃくちゃ面白かったです…! みんな国のため、新しい世の中のために志高く頑張ってたんだよな…誰が悪いとかないんだよな…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

星組公演「桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-/ロマンス‼︎」を観劇してきました!💗 トップスター北翔海莉さん、トップ娘役妃海風さんの退団公演ということで、幕開けからボロ泣き。というか演出のサイトー先生が上手すぎ!

 

〜桜華に舞え〜 歴史は詳しくないからちょっとついてくの大変だったww でもなりより退団されるみちふうがみれてよかった! 彼氏連れてったところ楽しんでもらえたようで… 「脚長くて羨ましい」とか言ってて笑ったw

 

星組「桜華に舞え」。事前に西南戦争付近の歴史の裏話的勉強会をしたので、七海ひろきさんの川路とか夏樹れいさんの村田とか、早いうちからけっこうジワッときてまいった。

 

(桜華に舞え)本当に驚くのは、彼らの生き様が役者の姿とぴったり重なって見えること。北翔さん、紅さんという媒体を通して見る彼らの姿は、まるで役者2人がその時代に生を受けた場合の生き様を目撃しているような感覚になる。北翔さんの快活な潔さ、紅さんの愛情深さ。本当に適役だと思います👏

 

星組『桜華に舞え/ロマンス!』 お芝居は号泣だったわ。 が、薩摩言葉がほとんど聞き取れない場面がちらほらと… ショーはオーソドックスに纏まってた。 「扉」から出て来る時の「go!」って掛け声はいいね。

 

桜華に舞え、噂どおり2回目は泣き通し。 結末を知ってから観ると、桐野利秋の不器用な一途さが際立って見える。理想の世界を実現したい、けれど一途に生きようとすればするほど大切な人と対峙しなきゃいけない不条理。 巨大すぎる時代の波のなかで愚直に生きる姿の美しさ。魅力的な主人公でした。

 

星組「桜華に舞え」。3度目の観劇で、ようやく受け身の観劇から能動的な観劇になったように感じました。

 

涙腺がやばかったです… これでみちふうはもう観れないんだなぁ…

 

次のページへ続く→

 


 


Related Posts

感想など自由に書き込んでください☆※お名前(匿名)を記入しないと送信できませんのでご注意を★

映画の感想・口コミなら

ENJOY_CINEMA

・ENJOY CINEMA(エンジョイシネマ)

上映中の注目おススメ映画の口コミ・最新映画ランキング・試写会情報など最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。