【口コミ・感想】宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』の評判、評価 - ENJOY THEATER

雪組

【口コミ・感想】宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』の評判、評価

投稿日:

「有沙瞳の歌が凄かった! 歌い方が変わったのか滑らかに聞こえた~。」「ドンジュアンは本当の愛を知らないまま、孤独の中で死んでしまったのかな。」「雪組は安泰だなと思わせた公演でした!」

 

cpl73a000000rnd7 (©宝塚歌劇)
公演中【2016年6月18日(土)~6月26日(日)】

宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』とは

本作品は、モリエールの戯曲、またモーツァルト作のオペラ『ドン・ジョヴァンニ』等によってヨーロッパを中心に広く知られるスペインを舞台とした「ドン・ジュアン伝説」を、フラメンコをベースにした情熱溢れる珠玉の名曲でミュージカル化した作品です。2004年にカナダで初演、その後もパリや韓国で上演され、大好評を博してきたフランス産ミュージカル「ドン・ジュアン」の日本初上演となります。-宝塚歌劇-

 

 

宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』を観た人の感想、評価、口コミ

だいもんも素晴らしいし 雪組生もすごいけど 宝塚版ドンジュアンの演出と美術に敬意を表します ここまでココロを奪われるのって最近なかったなぁ

 

ドンジュアンとラファエルの決闘シーンが好き過ぎる。雪組殺陣慣れしているせいか、キレも迫力もすごいんだもん。お芝居自体に鬼気迫る迫力がある場面だけど、お芝居と動きの連動がとても自然で、歌や踊りに感情が乗るように、剣に感情が乗っている…みたいな。

 

ドンジュアンもう1度観た過ぎて…(´๑•_•๑)

 

ドンジュアン DVD欲しい  でも、家族と一緒に見る自信ない (=_=) 一人で見ても ひゃーひゃー言いそう。。。

 

ドンジュアンの咲ちゃん、かっこいいよね… エルヴィラに「似合わないことは…するもんじゃない…!」って絞り出すように言うところイケメンすぎて涙でるかと

 

悪い女にもなれるのよ、って、そうまでしてドンジュアンの心を惹きたい愛されたいとなりふり構わないエルヴィラは、他の男の前で肌を見せるという下品なことをしているはずなのに、とても美しいと思いました。元修道女が、人前で肌を見せて男を誘うなんてひどいことができるのも、すべては夫への愛か…

 

ドンジュアンのくらっち。るろ剣のお妙さんや、伯爵令嬢のアンナでも思ったけど、やっぱり演技もお歌もすごくじょうず。可愛く無邪気で芯がしっかりしているお妙さんとも、野心があり非情で心のみにくいアンナとも違う、美しく純粋で愚かで人間くさい元修道女エルヴィラ。めっちゃ好き…。

 

マリアの役作りだけは腑に落ちないなー ドンジュアンがマリアと恋に落ちたのは呪いのせに見えるんだけどそんな物語ではない気がする。みちるちゃんは小器用なんだろうな。

 

根っからの雪組担なもので、毎公演真ん中は映像に残るからそれで見ればいいや!と、どうしても主演以外の出演者ばかり見てしまう傾向にあるので、ドンジュアンも回数観てるくせに実はほとんどだいもんは見れてないのですが、耳から入ってくる歌声を堪能させていただいてます。

 

主演の方(あえて名前をださず)の「色気がすごい!」の感想しか出てこない『ドンジュアン』。どんな女も虜にしてしまう説得力は圧倒的だし、どんなにヤンチャしても育ちの良さも醸し出しているし、「よくわからない」と愛に戸惑いながら幸福感に満たされる様も、全てが色っぽくてため息でました。

 

ドンジュアンもう1回観たいな~曲めいはわからないけど「Aimer~」の歌をもう1回聴きたい。6年間宝塚でいろんな歌聴いてきたけど、今までで一番感動した。聴きながら、涙がボロボロ流れたもん。だいもんすぎょい

 

男が女に暴力ふるう構図が大嫌いで、ベルばらとかほんとまさに嫌悪感しかないんだけど、ドンジュアンはあまり嫌悪感を感じなかったな。ドンジュアンを正当化してないからかな?

 

望海さん主演で観たい外部のミュージカルいっぱいあるけど望海さんは女性だから男役は宝塚でしか観れない!でも宝塚でできるものには限りがある!というジレンマをちょっと解消してくれたのかもしれない、ドンジュアン

 

 

ドンジュアンが良さそうすぎて、私の好きそうなタイプすぎて、雰囲気だけでもつかもうとフランス語版観だす始末

 

ドンジュアン娘の感想 「あきらが死んじゃうと思わなくて死んじゃった途端、泣きそうになった。そして何もかも虚しくなって幕間は未亡人気分だった。明里の気持ちが初めて良くわかった」 「亡霊がおりんの、気をつけろ〜は、プーさんのハニーハント入っていたね!」

 

真夜中のテンションで思いつくままに書いたが結局何が言いたいかって、私はこの公演をあと5回は見たいという事。心を打たれるお芝居に出会えるというのは素晴らしいことだった。本当に素晴らしかった。

 

娘役のキャラクターが魅力的だったが、とくに主人公の相手役の女の子はくっそ可愛かった。キュートそしてキュート。前回少年役で出てきた子とは思えない。男役の格好よさは言わずもがなだが、どちらかと言うと情けない人が多かった。だがそれがまた良かった。

 

フレンチミュージカルな上にタップやフラメンコといった普段とは異なるパッションのダンスがとても迫力があり、特に心情の変化や激しい場面を表現するタップは圧巻だった。慣れないダンスのせいか苦手なのかな?と思う方もいたけれど。

 

脚本はかなり理解しやすくなっており、映画と違って主人公の心の揺らぎを身近に感じられた。共感できるかどうかはお芝居を見る上で重要な部分かと思うので、素晴らしい脚本だと思うのと同時に安心した。なんだこいつ?と思わずにすんだのは大きかった。

 

メインキャストさんの歌がとても上手な方で占められており、安心してお芝居にのめりこめた。その中でも主役の望海さんは声量から違っており、一番初めの曲でその声でぞわぞわぞわっ…!と鳥肌がたってしまった。艶のある声、安定した声量、これが雪組のトップ2なのか。

 

「ドン・ジュアン」KAATも残り3日だけど、DC公演、まぁさま、観に来てほしいなぁ…。幸いムラお稽古中だし。そしてまた「すごいだろ!うちのあやちゃんは!」と思って欲しい(笑)その回に私が入れなくてもいいから、とにかくまぁさまに今のだいもんの素晴らしさを観て欲しいまぁだい厨としては

 

雪組ドンジュアン観てきた!組子のみんなの感情の乗った歌声と演技に至福の時間でした。だいもんめっちゃセクシーイケメンだし、最後までクズだったw 会場を圧倒する歌声はどんどんすごくなるな〜

 

咲ちゃんはドンジュアンとエリヴィラどっちがより好きだったのかと考えてたんだけど、やっぱドンジュアンだと思うの。もっと無償の愛感が出るとよかったなあ…しかしそれには尺が……つうか1曲目で愛してる歌ってたけどな

 

ドンジュアンをだいもん以外でやったら、違った印象の役になるよね。 だいもんは自分に寄ってくる女を、下から睨みつけるようにして適当に選ぶけど、 まぁ君がやったら、貴族っぽく上から見下ろすように女を選び、膝を付いて手にキスをして誘った上で捨てそう。 エルヴィラとの結婚には説得力出る。

 

たまに、ドンジュアンとマリアの温度差が目を引く。どこか遠くへ行こう、一面に花が咲いている場所で暮らそう、潮騒の音を聞いて眠りたい。そんな夢物語を、ドンジュアンは少年のような純粋な気持ちで、本気で語ってるけど、マリアはそれを夢物語として「いつかそうなったらいいわね」で終わらせる。

 

 


宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』感想 宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』口コミ 宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』評価 宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』評判 宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』最新 宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』レビュー 宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』興行収入 宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』動員数 宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』ランキング

宝塚歌劇雪組『ドン・ジュアン』を観た人の感想、評価、口コミ

ドンジュアンへの赤いバラが愛だとしたら、手渡されたり、投げ落とされたりした全ての愛をドンジュアンは落としてしまったんだなあ…。掻き集めて抱きしめてもドンジュアンにとっては自分の腕から零れ落ちてしまうものだった。でもそれを拾い、愛をくれた人すべてに返してあげるのがマリアなんだな…。

 

ドンジュアン見てきたんですが我々の可愛くて自慢の望海さんが喉の筋肉という筋肉(顔の筋肉も)震わせた歌、煌羽さんの裸みたいな衣装の時の美腹筋、がおちゃんの新感線みメイクとおどろおどろしさ、研10くらいの縣千ちゃんがうきちゃんと絡みだした時の興奮、が忘れられない公演になりました

 

死んだドンジュアンへの、イザベルの「ひどくて、かわいそうな人」という言葉が気になる。ドンジュアンを愛した人すべてを置いて身勝手に死んでしまうひどい人。死ぬことが正しい愛と信じてしまったかわいそうな人…かなあ。ドンジュアンは本当の愛を知らないまま、孤独の中で死んでしまったのかな。

 

最初はドン†ジュアンってなんだよ中二病かよ…と思ってたポスター画像の題字だったけど、序盤の歌詞と、エルヴィラと、広場と彫像のあれやこれやで十字架は関わってくるので意味があったんだなって……

 

ドンジュアン エルヴィラ(有沙瞳)の歌が凄かった! 歌い方が変わったのか滑らかに聞こえた~。夫を愛し奪い返したいというとこから最後は自分のとった行動に反省する流れまで納得出来るつくりで本当に大事な役だと思った。

 

ドンジュアン 私が馬鹿なのかそれとも演出的に見せてないのか…なぜドンジュアンは幼少期からあんなに擦れてるの?? 理解出来ない…

 

亡霊は、ただの呪いじゃなくて、ドンジュアンの闇の部分でもあるんだね。後半、上手でバーのカウンターのところで、苦悩するドンジュアンと亡霊の2人がリンクして同じ振りするところ。そこも好きです。

 

ドンジュアンを観て、ラファエルたんを捨てたマリアが憎い!と思った方もいるかもしれません。そんな時、『彫像』を『ヅカヲタ』に変換してみるとマリアの気持ち分からなくもない 。゜(゜´Д`゜)゜。 結婚したら辞めろ、今回で最後の観劇だな?…愛することは何かを失うことなの????涙

 

ドンジュアンに渡される最後のバラは愛かな。憐れみかもしれない。手渡されたバラは愛で、投げ落とされたバラは憐れみだと思ってる。それをかき集めて抱きしめて、でも両手からぼろぼろと落として死んでいく。ドンジュアン与えられる愛は、ドンジュアンを救うものではなかった。みたいな。

 

ドンジュアンの愛情への飢えは凄まじいんだろうな。飢えているのに、乞えないし縋れない。抑圧された欲求が鋭さとなって雰囲気に出る。愛に飢えて愛に代わるもので満たそうとして女を抱く。強く求められることで女たちたちもまた心を満たそうとする…のかな、なんて。

 

ドンジュアン。人身事故のせいで30分も遅れちゃったけどのぞみさんの生歌聞けてもう私はそれだけでこの時代に生まれてきてよかったと思いました

 

ドンジュアンは、最後悲しくなるはずの作品なのに《ひとり》っていう最後の合唱が曲名とちがって希望に満ち溢れてるから、心があらわれて爽快感を得られるんだなぁ。だから、観劇後になんともいえない重さをずるずる引きずることなく、ああいいもん観たー!最高ー!てガッツポーズあげて生きていける。

 

ネタバレあまりしない程度で、気づいたとこのメモ。 ①亡霊はそんなにあちこち出てこない ②お母さんとの幼少期シーンない③エルヴィラはパパにブチ切れない ④ドンジュアンはそれほど闇を抱えてないし、パパとも普通に喋る ⑤マリアとラファエルの恋人時代が無い

 

 

どうしてドンジュアンが死ぬのかずっと考えてるけど答えが出ない。今日は、誰も彼を理解することができなかった孤独からなのかなって思った。劇団四季のコンタクトでワイリーさんが自殺しようとした理由と同じなのかなあ。

 

帰宅してからというもの余韻に浸り過ぎてこんな時間に>_< せめてドン・ジュアンの名残を求めてプログラムを熟読してます。 公演観た後だと、プログラムの表紙、ポスターの娘役さん3人が誰だかよくわかりますねえ…

 

雪組の芝居が好き。その人として舞台に立ってるから! るろ剣のときにフィナーレで初めて「ちぎさんだ!久しぶりにみた!」て思ったし、だいもん大好きなのにドンジュアンがクズすぎて、改心したところで幸せになって欲しくはないwwと思わせてくれるところが良い。

 

ドンジュアンを愛する余りマリアに嫉妬し復讐を誓う有沙瞳ちゃんの『愛する人を苦しめる事で救われるのか?』は心に刺さった。マリアを愛する余り彼女の生きがいである彫刻師の仕事を辞めさせようとするひとこも然り。

 

ドンジュアン、「罪と罰」という台詞がすごく頭に残っていて、聖書の「罪の罰は死」というのを思い出してる。でもドンジュアンは罰の代償によって救済されているんだよね...。あれは一瞬の救済だと思うんだけどどうなんだろう。

 

雪組は安泰だなと思わせた公演でした、ドンジュアン。まだ2番手さんなのにあの圧倒的な歌唱力と演技力と表現力、演技もダンスも歌もショースターとしても素晴らしい男役の望海風斗さんは宝ですね。歌が上手いトップの龍さんも北翔さんも今年で退団してしまう中、望海さんは貴重な存在になりますね。

 

ドンジュアンを観てきました✨ 望海風斗さん、本当にすごい いい意味で宝塚らしくない、観ている側もいい疲労感。 梅田も楽しみです。

 

ドンジュアン。撃たれ目を開けたまま倒れるあがたクンマルセロを見て、プチッとスイッチが入っちゃったようなキレた目をしたとわきラファエルの殺してやると叫び銃を構えた姿が忘れられない。

 

ドンジュアン、戦場の場面。友であるホセそしてマルセロが撃たれ、倒れたマルセロを見て「殺してやるっ」と叫びながら銃を構えるラファエル。そんなラファエルを止めろと遮り庇って銃弾に倒れたフェルナンド。パロマと呟きながら息絶える友を見つめるラファエルの後ろ姿が切ない。

 

ドンジュアン、のぞ様の嫉妬ソングさいっこうに好きなのに…今日「聞いてないぞ愛が嫉妬を生むなんて」を台詞ぽく言ってたの解せない!!歌ってー!!そこめっちゃ好きだったのにー!!

 

ドンジュアン 咲ちゃんが一番好きだという『ひとり』。 「全て奪い奪われて ただひとり朝を待つ 愛が去り遠ざかる 背中はもう見えなくて 他に行く道もなく それでも愛 叫び続ける」 これを歌い継いでいくとか…せ、せつない…。

 

エルヴィラってドン・ジュアンの母に似てたんだろうな。貴族で敬虔なクリスチャンで清楚でやさしい。少女のような可愛らしさもある。二人とも肌の露出少ない。何より自分を愛してくれる。エルヴィラと結婚することで理想の女を手に入れたけど、また飛び降りてしまうことを怖れて離れたのかな。

 

ドンジュアン観て来た♪プレイボーイで1幕結構クズい役だけど、のぞ様こんな見た目なので女が勝手に寄って来るのまぁ仕方ないよねと思いそうになる罠。そして桜庭舞ちゃんにセリフ♡可愛いし格好良かった♡相変わらずネイル綺麗

 

Aimerを熱唱するドンジュアンをもう一度観たい(T_T) 愛と欲望は違うって事をマリアに会って知り変わるシャンジェという二人のデュエットも最高です 本家はカーテンコールの後に大合唱していました さすがにフラメンコのタップシーンは圧巻ですが宝塚であそこまでやってくれて大満足ですよ

 

ドンジュアン観劇中に咲ちゃんがサッと前を通ると香水のものすごくいい香りがして意識遠のいた… 匂いに反応しちゃうあたり自分変態だなぁと思った 寿命何年縮んだんだろう…

 

ネタバレだからアレなんですが、ドンジュアン最後、今まで出会った人から一輪ずつ薔薇を渡されて、それをかき集めて自分の胸に突き刺すような振りがあるのが、薔薇はみんなからの愛で、今まではそれに気づけずにいたドンジュアンが、やっと最後に気づいて、薔薇(愛)で自分を終わらせるように見える。

 

 

●キャスト●
望海風斗 ほか

●スタッフ●

潤色・演出=生田大和

●入場料・公演時間・その他●

全指S席7,800円/A席5,000円/立見席3,000円
約2時間40分(休25分)

公演中のミュージカル・舞台・演劇のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

 

-雪組
-,

Copyright© ENJOY THEATER , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.