舞台

【口コミ・感想】舞台『アルカディア』の評判、評価


「笑える場面が随所にあり、最後はジーンとして儚さと舞台の美しさに涙がこぼれた。」「これぞ堤真一!って役。相変わらず美声。」「寺島しのぶさん、会話する相手によって変わる表情と声が絶妙!」「芳雄さんキャラばっちりだし、浦井くん変人w」

 

arukadhia (©シス・カンパニー)
公演中【2016年4月6日(水)~4月30日(土)】

舞台『アルカディア』とは

舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』、『コースト・オブ・ユートピア』、映画『恋におちたシェイクスピア』の脚本で日本でも人気が高いトム・ストッパードが、1993年に英国ロイヤルナショナルシアターで発表した『アルカディア』。その初演直後から、日本でも多くのカンパニーが上演を望みながら、なかなか上演実現に至らず、“憧れの戯曲”として長く語られてきた作品がついに日本初演!
美しい物語、大胆かつ繊細な劇構造、そして、複雑な構造の中で向き合う登場人物たちに生命を吹き込むキャスト陣と演出家、翻訳家たち・・・。どれがひとつ欠けても成立し得ない演劇ならではの力に満ち溢れた世界です。是非、ご期待ください!
-シス・カンパニー-

 

 

舞台『アルカディア』を観た人の感想、評価、口コミ

 

『アルカディア』(3時間、休憩15分、30日迄)初日をシアターコクーンで観劇。『ロスギル』の作者のなので、理屈っぽい皮肉に富んだ舞台を想像していましたが、予想以上でした。趣里ちゃんは本当に舞台上で自由で良かったです。堤さん、しのぶさんは超長セリフの解説役ご苦労さまでした。

 

ヴァレンタインが基本的には穏やかな性格なのにトマシナのことにたいしては攻撃的な態度なのも気になりました。全体的にもこの作品の明確なテーマが掴みきれない感じがしています。そういう意味で難しい舞台だなと思いました。

 

舞台 「アルカディア」 19世紀partの家庭教師セプティマスとトマシナお嬢様。若き才女のトマシナはまだあどけなさが残る少女で時々お転婆もする。彼女が17歳になる夜、二人がワルツを踊る場面があって、その時だけ、一瞬だけ女性と紳士の関係になっていて心が穿たれるような美しさでした。

 

舞台 「アルカディア」 「君の図版は違っているねぇ…ラムを語るにはまず君がロマン主義者にならなくては(略)ところで私とセックスしない?」「だーっこれだからロマン派の連中は嫌なのよ!キンタマ蹴ったるわ~っ」というような楽しい求愛wがありましてwwもっとやって欲しいwww

 

『アルカディア』、あと何回か観るので東京楽を迎えたらいつもの卒論レベルの感想を投下しようと思います。本当にいい舞台でした! 満たされた! あまり共感を得られないと思いますが、個人的にはミュージカル『パッション』に近いものを感じたなー。こんなこと言って苦手意識持たれたらどうしよう

 

『アルカディア』、あと何回か観るので東京楽を迎えたらいつもの卒論レベルの感想を投下しようと思います。本当にいい舞台でした! 満たされた! あまり共感を得られないと思いますが、個人的にはミュージカル『パッション』に近いものを感じたなー。こんなこと言って苦手意識持たれたらどうしよう

 

【アルカディア】4月6日(水)夜:想像はしていたけど戯曲が難し過ぎた。私の知能指数では正直あまり楽しめなかった。。あれだけの役者揃えているなら、違う作品で観たかったなぁ。しかも舞台上で芳雄くんと健ちゃんの絡みなし(泣)リピするか悩む。

 

シアターコクーンにて「アルカディア」初日観劇。ガッツリお芝居で満足した舞台久々だなあ❤️堤さん、寺島さん、神野さんベテランキャストにリーダーと浦井君。みんな良かった✨

 

人やキャラクター性の魅力もさる事ながら、ストーリーの構成が本当にすごい!どれだけでも発見がありそうな、何か見落としがありそうな、入り組んだ話で、純粋に何度も見たいって思える舞台でした。アルカディアすごく良かったです。

 

舞台アルカディア、とってもくすぐったいお話でした☺️なんていうかみんなそれぞれが可愛くて…特に浦井さんとカメwwそして堤真一さんの声が素敵すぎる…!安西くんの演技も久しぶりに見ることが出来て嬉しかったな✨

 

『アルカディア』がとてもよい舞台だったので、テンションがぶち上がり売れ行きが不調らしい『八月の家族たち』のS席を買ってしまった。立ち見か優待チケットを買おうと思っていたのに。まあいいか、テッポウ並にいい席だし、手数料ナシだし。なにより最愛の麻実れい様の演技を間近で拝見できる!

 

アルカディア初日終わりました すごい疲れた(笑) しかし食い入るように観てしまた 終盤釘付けだったよ…! 安西君いい役貰ったなァァ とにかく上手い人しか出てない舞台。 井上芳雄さんのお芝居はじめてちゃんと観たけどこれは惚れるしか

 

アルカディア@シアターコクーン 堤さんは才原警部を思い出しちゃって苦笑い(ー ー;) 相変わらずの色気、ええ声。。 今日はジックリ観れなかった。次回

 

 

アルカディア:堤さんバーナード、世俗的だけど正直でチャーミング。しのぶさんハンナ、研究熱心だが堅物な不器用さが愛らしい。三鈴さんレディ・クルーム、愛にのめり込む様が妖艶だがどこか物悲しくもある。初音さんクロエ、久しぶりに観たけど、こういうハジけた役も合うなぁ、と良い発見。

 

アルカディア観劇! 難しい言葉が多くて理解が大変だったけれど、とても面白い作品!! 堤さんと寺島さんのオーラにやられました…😇

 

『アルカディア』初日 芳雄くんカッコよかったよ~衣装素敵、出番多い(堤さんより多いような……) 健ちゃん可愛い、でも出番ちょっと少な目かも!カツラと衣装もね、うー……… お名前がいっぱい出てくるから次までに予習しないと♪

 

舞台 「アルカディア」 哲学的なやり取りがたくさんあって、文学や自然科学の理論を借りて作中人物たちがずっと話している台詞劇でした(舞台装置の切り換えもなし)。ウィットに富んだ会話がテンポよく交わされていて、それが本当に心地よくて……繊細で美しい詩をずっと聞いていた気分でした。

 

アルカディア初日。とてもおもしろかった!笑える場面が随所にあり、最後はジーンとして儚さと舞台の美しさに涙がこぼれた。実力者揃いの素晴らしい演者さんたち。主張せず自然に溶け込む音楽。一見関連性がないと思えたことがリンクし、腑に落ちる爽快感。今年見たストレートプレイの中でダントツ。

 

アルカディア、皆さんセリフ大変そう。カタカナ、人物名覚えるのでやっとー。堤さんはじめ、あのお二人と声がいい人が多くて耳に心地良かった。おそらくお二人のファン多数と思われました。ちなみに堤さんの役名ナイチンゲール。笑

 

<毒にも薬にもならない『アルカディア』感想> 堤さん:これぞ堤真一! って役。相変わらず美声。相変わらず立ち姿が美しい。相変わらずエロい。最高。 しのぶさん:こういう人が友達にいてくれたら人生が豊かになるだろうなあ、と思った。会話する相手によって変わる表情と声が絶妙!

 

アルカディア!む、難しい…でも、笑いどころ満載(*^^*)芳雄くん、たらしのクセにかっこいい。健ちゃんも天才?秀才ゆえの偏った大学生よかった。意外にもトマシナにはまった。あのこいい!堤さん、しのぶさんは安定の大御所。

 

アルカディア初日終了。とりあえず解説求む。笑 堤さん全然足りないーー

 

『アルカディア』 いや、19世紀の洒落たフロックコート(あってる?)姿の芳雄先生と、そのへんの大学生の日曜日みたいなどーでもいい格好&ぼさぼさ頭の浦井健治が並んでる絵面だけで面白いと思うのだ。堤さんは「特ダネじゃね~か」のCMの人みたいだし笑。先走りキャラ、オモロイ

 

「アルカディア」初日観劇。好みのテイストであった。井上芳雄・浦井健治の素敵キャラクターと、寺島しのぶ・神野三鈴の演技力に、特に引きつけられた。

 

次のページへ続く→

 


舞台『アルカディア』感想 舞台『アルカディア』口コミ 舞台『アルカディア』評価 舞台『アルカディア』評判 舞台『アルカディア』最新 舞台『アルカディア』レビュー 舞台『アルカディア』興行収入 舞台『アルカディア』動員数 舞台『アルカディア』ランキング

Related Posts

映画の感想・口コミなら

ENJOY_CINEMA

・ENJOY CINEMA(エンジョイシネマ)

上映中の注目おススメ映画の口コミ・最新映画ランキング・試写会情報など最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。