舞台

【口コミ・感想】舞台『イヌの日』の評判、評価


「凄かった‥ユーモアと狂気。面白すぎて震えた。」「まだまとまらない。余韻の中」「脚本の壮絶な力ありつつも演出と人の説得力が凄い。引きずり込まれる。」

 

4841 (©ゴーチ・ブラザーズ )
公演中【2016年8月10日(水)~8月21日(日)】

舞台『イヌの日』とは

「十年くらい閉じ込めてたら人ってどうなるかなって、 これ興味あるだろ?」 「で、その後どうするつもりだったの?十年経ったら。」 「それがわかんねぇから十五年経ったんだよ。」 高校を卒業後、進学も就職もせずに悪友たちと遊び暮らす広瀬幸司。 ある夏の始め、仲間の1人である中津正行からある仕事を頼まれる。 それは、中津が留守にする間、「ある人たち」の面倒を見てくれというものだった。 大金に釣られ安請け合いした広瀬だが、その「ある人たち」とは恐るべき状況下にある者たちだった…。-ゴーチ・ブラザーズ –

 

 

舞台『イヌの日』を観た人の感想、評価、口コミ

苦しくて暑い。みんな共犯者で、被害者みたい。 柴が好き。菊沢は怖い。 舞台美術が素敵で引き込まれたけど、役者が見づらい時もあった。 アフタートークでやっとわかったこととかがあった。難しい。

 

松居大悟版『イヌの日』は不思議な希望に満ちていた。閉じ込めているのでも閉じ篭っているのでもなく、もともと囲いなんてドコニモナイ。今この世界で生きる覚悟。仲間という呪縛を得た強さ。そんなものを感じた。 どこでも大丈夫、きっと生きていけるー、と。

 

『イヌの日』初演。新潟監禁事件を描いているはずなのに、観ている間中ずっと「“私”は閉じ込められているの?閉じ篭っているの?」と問い詰められているような気がした。けれど帰り道「きっと何かできる、、、はずだ」と小さな勇気が芽生えて。芝居に人生の答えを求めて縋るように観ていたあの頃。

 

『イヌの日』(作:長塚圭史/演出:松居大悟)。芝居って面白い。私にとって芝居は、やっぱり、人生の答えが潜んでるものだー、と改めて思えた。

 

下北沢ザ・スズナリ…「イヌの日」観劇♪先入観で不安があったけど、すんごく面白かった。役者さん一人一人が素敵で、変に子どもっぽくならず、違和感なく話に入れた。何がどこが本当の平和なのか考えちゃうな。見方によって見えてるものが変わってきそうで、どこかスッキリしないけど、それが楽しい

 

「イヌの日」観劇。15年監禁されてきた人たちは、なんだか自分がひた隠しにしている内面を見せられているみたいで、心の蓋を開けられたようで見応えあり。松居さんらしい演出は特に防空壕の面々に深みを与えている。今日下北沢は夏祭りをやっていてそれがまた今日の観劇に深みをくれた。夏のひと夜。

 

久しぶりに舞台も観まして。イヌの日 凄かった。ユーモアと狂気。面白すぎて震えた。

 

なんだろ、イヌの日。説明がつかない、モヤモヤする。どの登場人物に感情移入しても、可哀想なのか幸せなのか、理解できるようなできないような。。。複雑な感情が押し寄せる。

 

「イヌの日」 初めてあんながっつり舞台観た!直ぐ引き込まれて、考えたり、笑ったり。すごい!また、松居さんの舞台観たいな。

 

イヌの日 @下北沢 スズナリ すんごい人間達だった 変わってるのに人間味が溢れる 不思議な感覚 生きてる 劇場という感覚がなかった 演劇ってすごいなー

 

全く感想をまとめることは出来ないんだけど、とにかく凄かった! この本を書いた人は、演出を作った人はどんな脳みそをしているんだろうほんとに… とんでもない世界だけどわかりやすかったんじゃないかな、あ~面白かったなあ。

 

イヌの日。観劇して参りました。 なんてものを見せられたのだろうと。とてつもなく良い意味で。 直接的な暴力や内臓物をブチまけられるよりも、よりもよりもグロテスク。 キャラクターの心情を追いかけては、そんな簡単に掴めるものではなくて。8日目の蝉。共犯者。美術のでっぱりの位置、秀逸。

 

やー。よかったですよー。 まだ余韻から抜け出せなくて、 まだあの穴の中にいるみたい。 人って、自分の周りにあるもの、 存在するものがもう その人の世界になるんだなーって思った。 だから、自分が行かない場所、知らない場所は もう関係のない世界みたいに思っちゃってるのかな。 、、、それはあたしだけ?汗

 

 

スズナリで「イヌの日」観てきました!すごいものを観た!本もすごいけどそれを演じきる役者さんもすごい。余韻がすごくてまだふわふわしている…

 

『イヌの日』近すぎてクラクラ。尾上くん演じる中津の狂いっぷりよ、、、始まりは純粋に好きな子のためだった?ただの好奇心?何にしても無茶苦茶な奴だな。 玉置くん演じる広瀬の情けなさも何なのよ。優しいと言えなくもないけど、何なのよ。 青柳文子さん、とてつもなく小悪魔。

 

下北のスズナリで「イヌの日」を観劇。怖い。皆何かしら狂ってる。 話を知ったうえでもう一度しっかり観たい。

 

演劇のイヌの日を観る。 20代前半ぐらいに、比較的暗い系の物語にハマっていた時を思い出す。 こういう部分も含めて人間だよね、と思えるようになりたい。

 

『イヌの日』を観た。身の竦むような面白さだった!小学校の同級生を15年に渡り防空壕に監禁した男。このインパクト大のプロットをしっかりモノにした演出の松居くんと力演揃いの役者陣に拍手。正気と狂気。無垢と欲望。果たして僕たちを取り囲む常識とは本当に正しいのか。脳を揺さぶる衝撃の一本。

 

「イヌの日」観劇。すんげー良かった!でも、まだまとまらない。余韻の中。もうちょっとあの中に。

 

「イヌの日」観てきました。松居さん目次さん最強さん。ゴジゲンの時の芝居とは全く違う。とにかく役者さんがすごくて、人がそこに生きていた。もう満足満足。

 

『イヌの日』!!!とんでもない傑作に出会っちゃったな。呼吸を忘れる程のめり込んだ。ふぅ。役者のスケールがもうハンパない。『人を閉じ込める』というテーマが炙り出したものは人間のグロテスク以上に希望だったと思う。危うきものに手を伸ばしてしまう純真。青柳文子さんから目が離せなかったよ。

 

『イヌの日』脚本の壮絶な力ありつつも演出と人の説得力が凄い。引きずり込まれる。終わってから足が震えてるのに気づいた。まだ明るい時間で良かった。終わりが見えないの。あぁ息詰まるけど、凄い興奮してる。 そして、この並び。震える。感動。

 

スズナリで「イヌの日」観劇。 バイオレンス、、、。中津が怖い。リアルにいそう、あーいう人。劇場の中の熱気と閉塞感に照明が落ちるとリアルに自分も同じ防空壕の中にいるような気持ちになってきて臨場感がハンパなかった。なんか終演後、階段降りたら普通に昼前の下北沢で安心した(笑)

 

「イヌの日」阿佐ヶ谷スパイダースのオリジナルは観てなかったけど、阿佐ヶ谷らしい世界観はそこここに。あのシュールな世界は結構ハマる。 本折さんは最強さんだった(σ≧▽≦)σ

 

「イヌの日」を観劇して、いろんな意味で、とんでもないものを見てしまった気持ちだった。あの狭い空間がかなりの効果を発揮していて。玉置さんの戸惑った表情とか、お芝居全部やっぱり良かった。怖いけど、また見たい作品。青柳さんも素敵。

 

次のページへ続く→

 


舞台『イヌの日』感想 舞台『イヌの日』口コミ 舞台『イヌの日』評価 舞台『イヌの日』評判 舞台『イヌの日』最新 舞台『イヌの日』レビュー 舞台『イヌの日』興行収入 舞台『イヌの日』動員数 舞台『イヌの日』ランキング

Related Posts

映画の感想・口コミなら

ENJOY_CINEMA

・ENJOY CINEMA(エンジョイシネマ)

上映中の注目おススメ映画の口コミ・最新映画ランキング・試写会情報など最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。