舞台

【口コミ・感想】舞台『エノケソ一代記』の評判、評価

0

「大笑いしながら泣きました!」「吉田羊の演技にグッときてきゅんとして泣いた!」「猿之助さんの新たな魅力が開眼!」「浅野和之さん三谷作品には欠かせない」

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-12-32-20(©シス・カンパニー )
公演中【2016年11月27日(日)~12月26日(月)】

舞台『エノケソ一代記』とは

榎本健一=エノケンは、昭和初期から、当時の大衆文化の中心地=浅草を皮切りに活躍し、日本の「喜劇王」として君臨した人物です。現代は、テレビだけでなく携帯端末でも簡単に、「スター」たちの動く姿を楽しめる時代ですが、テレビがない時代には、映画やブロマイドでしか顔を知らないわけですから、いとも簡単にスターの偽者が闊歩できたのでしょう。「エノケン」の偽者「エノケソ」たちも、全国アチコチで公演を行い、それぞれが熱狂的に歓迎されていたと言われています。「我こそはエノケン!」と言われれば、皆、「そうか・・・」と、受け容れる側も「ホンモノ」と信じて熱狂していたり、「ニセモノ」とわかっていながら、その芸を受け容れて楽しんだり、それがひとつの娯楽として成立していたのかもしれません。
 本作の主人公「エノケソ」も、そんな愛すべきニセモノのひとりです。「エノケソ一座」を率いて、日本全国を興行しながら旅をしています。何をするのも、愛してやまないエノケンに近づくため!
そして、物語の最後には、「エノケソ」にあるチャンスが訪れます・・・。 そこに待っている結末は、いかに!? -シス・カンパニー –

 

舞台『エノケソ一代記』を観た人の感想、評価、口コミ

世田谷パブリックシアターの「エノケソ一代記」、山中崇が浅野和之的な役回りを継承してたんだけどとても良かった。

 

世田谷パブリックシアターにて三谷幸喜作・演出の「エノケソ一代記」を鑑賞。愛と狂気の物語、凄く良かった。

 

今日は2列目で又と無い近さで羊さんを拝めて、羊さんが全力で希代子さんを生きている姿を間近でこの目に確と焼き付けることができ、沢山羊さんを吸収できてとても幸せでした。胸いっぱいです😌💓やはり私は羊さんのお芝居が大好きです。羊さんありがとう♡

 

目の前で羊さんがちょっと噛んでるところ見れて、最高に可愛かったのと、そのライブならではな感じがまたいい味出ていてとてもよかったです😁💓

 

『エノケソ一代記』観てきました。おかしくてかなしいお話。メイン3人に関しては今更なのでそれ以外…、役者・三谷幸喜氏!よかった! あと山中崇さん(ドラマの屍活師にも出てくださった)大変そうだけど楽しそうでした。好きだわー。

 

ホテルに戻って、今日のお宝ガレリアの猿之助さんみて、あれさっきまで目の前の舞台で見ていたのと違う!エノケソはとてもエノケソでエノケンだったと痛感して、三谷幸喜さんも春海四方さんもプログラムに書いているけれどほんと天才だなと思ってニヤニヤしている、愉快な夜

 

世田谷パブリックシアターで三谷幸喜作・演出『エノケソ一代記』。内容的には題名から推察されるとおりの偽物人生の悲喜劇で、それ以上には進展しないが、一人五役を演じる山中崇が妙に面白いのと、三谷幸喜本人が登場する場面がやたら面白いのはズルい

 

今日は猿之助さんのエノケソ一代記! 歌い踊る猿之助さんが新鮮だったな〜。なにげに山中崇さんの5役がツボ、うまいわぁ〜。三谷さんおいしい 役でした。ずるいww

 

喜劇王”エノケン”に憧れを抱き続けている無名の喜劇役者”エノケソ”の話。哀れだけど、間違った方向だけど、芯を貫いたバカな男とバカに最後まで付き合う妻の話。その妻を演じたのが愛しき吉田羊さんでした。本当生羊様たまらんかった…。大好き

 

「エノケソ一代記」山中崇さんが汗だくで演じる”柳沢さんズ”、いや~面白い!(´▽`*)

 

エノケソ一代記。エノケン・ワナビーのオモロ切ない物語。後半の重要エピソードが一般通念的に「重すぎる」だけに、笑い飛ばすには重いし感動するにはリアリティ不足な気もするし、、うーんギリギリかな。ギリギリの線を猿之助が奮闘の印象。まあワハハと笑ったけどね。特別出演の三谷さん、オイシイ。

 

エノケソ一代記を観てきた。笑いながら、幸せって何か考えちゃったよ。

 

エノケソ一代記を観に行きました(^^)  (おとといは迫田さんが…今日は栗原さんがご観劇とはっ…うぅジタバタ) 舞台、おもしろかった~!その一言に尽きます!!エノケソも口ッパも! そして羊さんのお美しさはもう…もう…バタ…。

 

 

世田谷パブリックシアターで「エノケソ一代記」観て来ました。凄く良かった。と、同時に今の私には、辛かった。もしも、こんな風にエンターテイメントしている慎吾や剛を観ることができなくなるとしたらと想像してしまって。そして目の前にいる三谷さんにSMAPを助けて下さいと願わずにはいられず。

 

「エノケソ一代記」を観た。吉田羊がややおとなしい戸田恵子みたいだった。三谷作品における女性のひとつのパターン、しっかり者だけど男を立てる飲み屋とか小料理屋の女将さん的な人。

 

エノケソ一代記。吉田羊さん、山中崇さんの素晴らしさに目を奪われる。三谷幸喜さん役者も素敵。猿之助さんはまだまだ変化と進化を続けそうだ。次回がより楽しみに♡♡♡

 

「エノケソ一代記」猿之助さんの台詞回しの心地よさ〜吉田羊さんはシャッキリしつつ可憐で素敵。浅野さんも、お元気そうに見えてホッとした>_< 山中さんはきっと今後三谷さんの舞台に何度も呼ばれるだろうなw

 

やっぱ 面白かった〜♪ 吉田洋ちゃん綺麗で 唄も上手い(^^)v 山中崇さんが いい味出してるよ〜(๑´ლ`๑)フフ♡ 又 観たいね(^_-)-☆

 

早くも2回目の観劇。 ぐっと引き込まれたのは変わらないけど、1回目とはやっぱり違くて新鮮だった~~🙌🏻💞 ちょっぴり噛んじゃったり、両手で手を振る羊さん可愛かったです。はい😌💭💓(笑) 心が震える場面がいくつもあって、またとてもふわふわしてる。

 

『エノケソ一代記』には、作・演出の三谷幸喜自身が、ある重要な役で出演してるのも見所のひとつ。個人的には一人五役を務めた山中崇さんに大拍手を。杏ちゃん主演朝ドラ『ごちそうさん』の小説家役も好きだったな。

 

エノケソ一代記 観劇して来ました🌹 THE喜劇。たくさん笑いました。 笑いに貪欲って大事ですね🙂🙃🙂🙃

 

三谷さん新作「エノケソ一代記」観てきた!吉田羊さんの着物の所作が稲さんと同じで(当然)、昭和に生まれ変わったたくましい妻でした。三谷さんの動きがおかしくて(^o^)周りはずっとクスクス笑い♪

 

「エノケソ一代記」my初日(>_<) 笑って泣いて、泣いて笑って。あっという間の1時間50分!亀ちゃんの舞台は裏切らないo(^o^)o

 

なかなか悲惨なお話で、大笑いしつつ泣けました 大河の一方でこういうお話をこしらえ、かつ役者として美味しいとこをとっていった三谷さんエライがズルい

 

三谷幸喜さん作・演出『エノケソ一代記』鑑賞。喜劇役者エノケンに憧れてニセモノの “エノケソ” になる男を猿之助さん。その妻を吉田羊さん。コメディだけど…ホロリ。今回は三谷さんもロッパ役で出演。そういえば、エノケン・ロッパって、サザンの『メリケン情緒は涙のカラー』で出てくるね。

 

次のページへ続く→

 


 


Related Posts

感想など自由に書き込んでください☆※お名前(匿名)を記入しないと送信できませんのでご注意を★

映画の感想・口コミなら

ENJOY_CINEMA

・ENJOY CINEMA(エンジョイシネマ)

上映中の注目おススメ映画の口コミ・最新映画ランキング・試写会情報など最新情報をいち早く発信しています!!

編集長のENJOY BLOG

ENJOY_CINEMA

・編集長の ENJOY BLOG(エンジョイブログ)

「ENJOY CINEMA」「ENJOY THEATER」編集長が日頃の出来事や、感じたことなど、ただそこはかとなく綴っていきます。