【口コミ・感想】舞台『キネマと恋人』の評判、評価 - ENJOY THEATER

舞台

【口コミ・感想】舞台『キネマと恋人』の評判、評価

投稿日:

「架空の方言の響きのノスタルジアとチャーミングさとリズムの心地よさ!」「永遠に拍手をし続けたいとさえ思えた!」「妻夫木君のよさが滲み出ていた」「緒川たまきさんがとにかくキュート!」「KERAさんの作品は本当にどれもハズレなし!」

 

3f7afa3c7b44a42f9729557b12a26f821(©世田谷パブリックシアター)
公演中【2016年11月15日(火)~12月4日(日)】

舞台『キネマと恋人』とは

世田谷パブリックシアターが、KERAとタッグを組んでお届けするのは、シアタートラムの小さな空間での、ひとつひとつを大切に紡ぐ、手作り感覚いっぱいの作品。
『キネマと恋人』は、ウディ・アレン監督の映画「カイロの紫のバラ」にインスパイアされた舞台である。
設定を日本の架空の港町に置き換えて、もう少しだけややこしい展開にすると――。
映画への愛あふれる、ロマンティックでファンタジックなコメディが、息づきはじめる。-世田谷パブリックシアター-

 

 

舞台『キネマと恋人』を観た人の感想、評価、口コミ

『キネマと恋人』そして妻夫木さんが好きになる。ミュージアムの演技と全然違うし、カテコの虎蔵、おもしろかった。足跡姫も楽しみ。3時間なので長いとだれてしまうことがあるけど、そんなことなく、あっという間。最後は切なくて泣いちゃったし、今年観た舞台で一番好き。

 

「カイロ」はなかなかの美男と生活に疲れた主婦の格差が大きな2人に見えて、全く非現実的な夢のようだった。今回は庶民的な三枚目(妻夫木聡)と生活感のないかわいい奥さん(緒川たまき)で、ちょっとありそうな現実感を覚える身近さがいい。

 

キネマと恋人観てきました。すてきな作品をトラムで観られて贅沢な時間でした。あと、今回もパンフレットの読み応えがすごかった。

 

『キネマと恋人』完全にハルちゃんを自分に置き換えて観てたよねぇ… ほぼ買わないパンフレットも、表紙からすでにかわいくて買っちゃった。もう一回観たいけど、トラムシートもすでに完売😢ケラさんの舞台はヒトラー最後の20000年も好きだし、陥没もかなり楽しみにしてます。

 

 

『キネマと恋人』途中から緒川たまきさんを始めとする演技陣が白黒に見えて来た! 『カイロの紫のバラ』も『キートンの探偵学入門』も映画だからこそ説得力を持ちうるバーチャル的身体だが、 これはケラさんの演出、小野寺修二さんの振付、演劇的演出によって得たバーチャル的身体!美しすぎる!!

 

『キネマと恋人』の映像で客席がざわつく人が登場しますがパンフを読んで納得。そのパンフが激厚で読みごたえたっぷり。余韻を楽しみながら今度ゆっくり読もう。あと劇中でハルコ(緒川たまき)さんがキネマ旬報を連呼するので、今夜の脳内はキネマ旬報!

 

『キネマと恋人』オープニングからドキドキが止まらない。素敵な振付と思ったら…小野寺さんだった。ファンタジーさがさらに増してた。初のシアタートラムでの席は後方で心配だったけどドセンターで、むしろ良かった。緒川さんのハルちゃんともさかさんのミチル姉妹がとてもかわいい😆

 

「キネマと恋人」最高だった。 映画愛たっぷりのこの舞台は「カイロの紫のバラ」をインスパイアして作られた作品。大好きな俳優がスクリーンからこちら現実の世界にやって来て… 私(たち?)の日頃の妄想が今、ここで繰り広げられている感じ(´ω`) たくさん笑ってほんとに幸せな時間でした。

 

「キネマと恋人」、3時間15分(休憩15分あり)という長い舞台で、睡眠不足だった分心配してましたが…始まってみたら、長さを感じずに引き込まれました!(^^) 映画と舞台の融合感が凄い!! そして、KERAさんワールドもですが、小野寺修二さんの振付もやっぱり素敵だし好き!

 

KERAさんってばなんでこちら側の気持ちをよーく分かってくださってるんだろ。ロマンチックで、ドキドキして、切なくて…誰しも一度は妄想した世界がそこにあった。すべてのエンタメ好きの女子に観て欲しい。そう、いつも私たちは向こう側の世界に救われて今を生きているんだ。

 

最近ずっと考えていた。自分が本当に好きなものは何なのか。自分はこの先何と向き合って生きていくのか。今日「キネマと恋人」を観てわかった気がする。本当に人生観が変わってしまうような素敵な作品だった。私はやっぱり、映画と演劇が大好きだ。ありがとう、夢を。幸せを。

 

【キネマと恋人】元の映画が84分なのに上演時間が200分だなんて、流石のKERAさんw。「カイロの紫のバラ」のミア・ファローは可愛いけど可哀想で、今回の舞台化では彼女を救ってくれるのかも…でも原作を大切にするKERAさんだし…と終盤に進むにつれドキドキと。結果は各自ご確認の程を。

 

 

前半でベタなオチの連発が自分に合わなくて心配したけど、トーキー初期の喜劇の雰囲気を丁寧に作ってたのだろうか。おかげで後半になると、1930年代が舞台のドラマらしく進展する人間関係に浸れてよかった。

 

キネマと恋人、最高だった!!ブッキー、喜劇いいね〜♪♪行けるものならもう一回行きたいわぁ。劇場も素敵♪

 

飛び出す絵本ならぬ、飛び出す映画を観ているような、素敵なロマンチックコメディでした☆ほろ苦さもありましたが、声を出して笑ったー! 喜劇映画が好きな方には、たまらないであろう演出も! 鼻歌を歌いたくなりました♪(*´ω`*)

 

KERA・MAP『キネマと恋人』1936年のとある小さな島に1件しかない映画館。映画好きならきっと思ったことがある夢が現実になったら?妻夫木くんの2役もさることながらちょっと嫌な奴の橋本くんもなかなかの好演。ハルコとミチル姉妹の方言が兎に角かわいい。映画を舞台で観る面白さを体感。

 

「キネマと恋人」観て参りました。ファンタジックで美しい世界で圧倒されました。 当日券は壁に寄り掛かる立ち見です。今日少し余裕があったようですので諦めず挑戦して欲しいです。ケラさん好きにはぜひあの空間で観て欲しいです。パンフはチケットがなくても買えるのでパンフだけでも観て頂きたい

 

キネマと恋人。緒川たまきの映画俳優ヲタクぶりに共感しかないし、妻夫木聡が自然で可愛くて好きになりそうだし、悲しい別れを癒してくれるのがまた映画っていうのあるあるすぎて心が痛かった。まだプレビュー公演、こなれてきたらまた変わるんだろうなあ。

 

「キネマと恋人」のモチーフとなったウディ・アレンの「カイロの紫のバラ」。緒川たまきさんはミア・ファローそのもの、いや、それ以上の美しさだった。そしてこの舞台の台詞に何度も出てくるマルクス兄弟の作品も昔から大好きだ。家にあるからまた久々に観直して余韻に浸ろう!

 

【ネタばれ注意】KERA・MAP『キネマと恋人』映画がモチーフだから、映像が印象的に使われてた。冒頭の映像からケラさん世界に引き込まれる。そして劇中映画のバカバカしいおもしろさ。笑った、笑った。そしてケラさんのお芝居と映像の親和性の、ある種の到達点かも。映像監修は、上田大樹さん。

 

「キネマと恋人」の梟島の方言、ありがとさん、ごめんちゃい💦とか、かわいい。"ばりんこ"はちょっとクセになりそうだりね(´ㅂ`;) もう一回チケット取っておくべきだったとばりんこ後悔中ね…。

 

映画で映画を描くのと違った、舞台と映画の空間の関係も新鮮。「カイロ」より上演時間が長く、3人の関係にあまり集中してなかったけど、その分いろいろな人間関係とその感慨がたっぷり楽しめた。

 

面白い楽しい笑ったー!昭和初期のある島で興行映画が虚構と現実を行き来するコメディ。KERAさん創作の四国方言らしいけど九州ぽく聞こえる。緒川たまきさん良い声になった。台詞の語尾が好き。妻夫木聡さん始め出演者も場面転換もお見事。映像カメオ必見!

 

ちなみにパンフレットの装丁も素敵!読み応えも有!購入して損なし!

 

 


 

舞台『キネマと恋人』を観た人の感想、評価、口コミ

キネマと恋人を観た。ちょっと想像をはるか上をいく作品で、うまく表現出来ない。とにかく素晴らしいとしか…。緒川たまきさん、最高すぎて感涙。

 

KERA・MAP『キネマと恋人』映画や、お芝居や、音楽や、アートや。なにか表現に救われた経験のある人は、本当にグッとくる作品だと思う。つい自分のことに置き換えて、ちょっと泣きそうになった。そして、とても開かれてるし、笑えるけど、品がよくて。せつない成分もあって。おすすめです。

 

「キネマと恋人」は架空の地(連絡船の通う島)らしいけど、方言が軽やかで可愛かった。いまパブリックシアターでやってる「奇ッ怪 其ノ参 遠野物語」での方言と、狙ったのかというくらいの違い方なのも面白い。

 

ケラリーノ・サンドロヴィッチがウディ・アレンの映画「カイロの紫のバラ」を演劇に翻案。映画から抜け出た登場人物とそれを演じた現実の俳優、そしてヒロインの関係が、映画好きに嬉しく切ない。

 

「キネマと恋人」まるで自分が映画の世界に紛れ込んだかのような夢の3時間。ほんとにあっという間。ケラさんの世界。全ての役者、セット、照明、映像との融合。私にとって、何もかもが初体験。圧倒的に素敵。そして、愛に愛に溢れていた。これは絶対に生で体験しなくてはいけない。最高最高最高!!!

 

KERA・MAP『キネマと恋人』、夢のように楽しい3時間!! オープニングの魅惑から、エンディングの切なさまで、1シーン1シーンが、転換も、演劇愛に満ち溢れていました。物語に惹きこまれて、とっても幸せな気持ちに。演劇のとびっきりの魔法を、最大限にかけてくれる、贅沢な時間でした。

 

「キネマと恋人」、シアタートラム。ブラボー級によかった(^^)緒川たまきは素敵なコメディエンヌだ。かわいくて、声もいい。そして妻夫木聡の愛敬たるや。脚本もいいし、とにかく魅力的な芝居だった。ケラ氏、脂がのってる。今の二人は全盛期の伊丹十三と宮本信子のよう。エラそうだけど( ̄▽ ̄)

 

もうとにかく想像を遥かに越えて『キネマと恋人』という作品が素敵で素敵で生まれ変わったら緒川たまきさんになりたい(絶対に無理)!もしくは緒川たまきさんに愛でられる猫ちゃんになりたい(主旨が変わってきた…)なんてロマンチックなコメディなんだろう…(*´`*)♪多幸感みっち満ち♪

 

キネマと恋人はKERAさんが仰るように小野寺さんとの合作の様相。アンサンブルはデラシネラの方々なのかな?あのしなやかな転換は転換マニアの私には堪らず、早替えもお見事!橋本あっちゃん史上最高の糞イケメンwや手練れな役者さんが意外な役をいくつもされる度に小躍りしたくなる小気味の良さ♪

 

【ネタばれ注意】KERA・MAP『キネマと恋人』役者さんが、もう全員ステキで。心地よいアンサンブル。そして私はケラさんの転換がいつも好きなのですが。今回はデラシネラの小野寺修二さんが振付で入ってらして。場面転換がより視覚的なものに。かといって、邪魔にならない加減なのがすばらしい。

 

私もアニー・ホールでアレンにはまりカイロは大大大好きな映画だし、どんなアレンジになるのかなー…→まさか!まさか!の妻夫木聡!wあの階段下っておどけるシーンは悲鳴あげかけたw上田さんの映像も小野寺さんの振付ステージングも二村さんの美術もすべてにウットリ…嘆息…♪

 

「キネマと恋人」作り手側の、たとえたった一人でも誰かに届くなら、という想い。観客側の、この時間に救われてる、という実感。たまたま観たとある作品が、自分にだけ語りかけてくるような感覚、すごくよくわかる。はるこさんと映画は、そのままわたしと舞台だった。

 

キネマと恋人観劇。素晴らしい舞台でした。切なさもあるけれどこんなに笑えるお話だったとは!映像と舞台の融合が素晴らしく狭いトラムが大劇場のように感じるエンターテイメントでした。みんな何役も演じて早着替えが大変だろうな。カテコは見逃さないように!

 

 

KERA作品としてはある意味単純明解な展開を異常としか言えない転換、映像使いでKERAさんのカンパニーでしか実現できない素晴らしい空間を作り上げていて口アングリ状態。

 

野田さん以外の舞台にも出て!と思ってた妻夫木聡君が、ケラさん作品、しかもトラムに出演してうれしい。ひとりで2役演じていて、その違いがすばらしいし。どちらも憎めなくて、魅力があって。妻夫木君のよさが滲み出ていたよ。いい妻夫木君を見た。

 

KERAさんの舞台は観客として毎度かなり高いハードルで臨むわけですが、毎度そのハードルを軽く超えた作品を観せてくれまく。今回も余裕のハードル超え。

 

KERA·MAP「キネマと恋人」 本当に面白かった♪何て贅沢な195分。観劇後すごく幸せな気持ちになれる作品。ハルコに共感する事ありすぎで、語り合いたい。 緒川たまきさんの方言ズルい。めちゃ可愛い、大好き♡ あと、妻夫木さんは本当にカエル男の中身の人ですか?(笑)役者って凄いな。

 

緒川たまきさん、ともさかりえさんは最高にかわいいし、某映画で殺人鬼だった俳優さんは、どこか憎めない映画の中の好人物を演じ、あっちゃんは、憎たらしいくらいにかっこいい昭和のスタア。キネマというノスタルジックで切ない響きが似合う物語。観てよかった。

 

緒川たまきさんとともさかりえさんが姉妹っていうの、たまらない。ふたりの会話の感じ、姉妹ならではですばらしい。このお芝居で描かれてない続きの中で、ふたりとも幸せになって欲しいなあ。その反動で三上市朗さんがキライになりそうだった(笑)。

 

脚本演出はもちろんのこと、舞台美術、衣装、音楽、小野寺さんの振付すべて素晴らしかった。 昭和初期の、ど田舎に住むちょっと頭の弱い、でもめちゃくちゃ映画が大好きで毎日毎日同じ映画を観に行っている36歳女性のとんでもない2日間の出来事…

 

キネマと恋人 あーーーーー面白かった!!!!笑った!!!!!!私の稚拙な言葉で言い表せないくらいだ。あれ?3時間も観てたんだ?って、思った。 KERAさんの作品は本当にどれもハズレなし。これも最後の最後までまったく抜かりなく面白かった。 ほんとに幸せな気分、心軽やかに帰宅の途。

 

KERA・MAP「キネマと恋人」とんでもなく面白かったです。もし拍手をし続けたら終わらないのなら永遠に拍手をし続けたいとさえ思いました。

 

『キネマと恋人』島の人たちが話すのは、架空の方言。その言葉の響きのノスタルジアとチャーミングさとリズムの心地よさ。とくに女性陣が話すとたまらないものがありました。ひとつのお芝居のために、方言まで作り出しちゃうなんて。

 

『キネマと恋人』 最後、船上の高木高助の顔とかその後の映画館の姉妹の顔とか見てて泣けた、そして映画『ジョゼと虎と魚たち』のラストを思い出した(妻夫木聡だったからかな〜)。映画があればきっと大丈夫だと思うけど、あの3人に幸あれ

 

キネマと恋人、シアタートラムで観劇。 すごく面白かった。場面転換が多いけど、その転換がすごく凝ってる。緒川たまきさんが、とにかくキュート。あの独特の方言がほっこりさせる。ごめんちゃい、口ぐせになりそうだわ。あぁ楽しかった。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています!!
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
妻夫木聡/緒川たまき/ともさかりえ/三上市朗/佐藤誓/橋本淳/尾方宣久/廣川三憲/村岡希美 ほか

●スタッフ●
台本・演出=ケラリーノ・サンドロヴィッチ

●入場料・公演時間・その他●
全指7,200円/15・16日プレビュー公演6,700円 *24歳以下・高校生以下料金あり
約3時間(休憩あり)

公演中のミュージカル・舞台・演劇のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

-舞台
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.