【口コミ・感想】舞台『トーマの心臓』『訪問者』スタジオライフ の評判、評価 - ENJOY THEATER

舞台

【口コミ・感想】舞台『トーマの心臓』『訪問者』スタジオライフ の評判、評価

投稿日:

「今回特に3人の父親の想いや触れ合いが鮮やか」「故・河内氏の想いが、新旧キャストにしっかり引き継がれ新たな作品として昇華。作品の永遠性、スタジオライフの進化を感じた。」

 

to-masunosinzou(©Studio Life)
公演中【2016年2月24日(水)~3月13日(日)】

舞台『トーマの心臓』『訪問者』とは

初演1996年より、舞台化20周年を迎える『トーマの心臓』。記念すべき2016年­は『トーマの心臓』『訪問者』『湖畔にて-エーリク十四と半 分の年の夏(リーディング)』を初演メンバーを織り交ぜた豪華キャスティングで臨みま­す!大きな期待と感動を呼び起こさせる連鎖公演としてご覧頂 けます!劇団スタジオライフの代表作、お見逃し無く!-Studio Life-

 

 

舞台『トーマの心臓』『訪問者』を観た人の感想、評価、口コミ

 

萩尾望都先生の舞台やミュージカルや映画や詩集みたいな感覚が大好きで.. もし今回の漫勉で興味を持たれたお若い方がいらしゃったら半身やマージナルやトーマの心臓やバルバラ異界等を(他にも名作沢山だけど長いので)読んでから映画ブラックスワンを見ると感覚がわかり易いかと私的にオススメです

 

萩尾先生の訪問者がすごいのは「かつて子どもだった人なら誰でも共感できるテーマ」ってところ。国も性別も違うのに、苦しいくらいに物語に感応してしまう。今回の舞台トーマの心臓は、原作にはない演出で傷だらけのオスカーを救済していた。涙が止まらなかった。二作品同時公演の良さがよく出ていた。

 

スタジオライフの『トーマの心臓』を観てきました。舞台や俳優さん、本当にシュロッターベッツの世界。「許すこと」と「愛すること」を、原作を読んだときのようにまた考えてしまいました。そして20年前と同じキャストさんが同じ役を演じられていたりして、、、脱帽。『訪問者』も観に行きたい…!!

 

「トーマの心臓」かなぁ。そのころずっと「車輪の下に」に影響されていて、舞台がギムナジウムっていうだけでもテンション上がっていたし、友情とか宗教倫理感とか、生死観とか。アナカンを初めて観たとき、原作者はもしやトーマを読んだことあるんじゃ?って勘ぐりました。

 

舞台版トーマの心臓を観る前の私→「キンプリはいいぞ…キンプリはいいぞ…いいお薬だぞ…」 舞台版トーマの心臓を観た後の私→「キンプリなんぞ所詮はファッションドラッグ。トーマの心臓こそ高尚なる純度の高いドラッグともいえる作品なり。」

 

前にトーマの心臓の舞台観てからというもの、心にぽっかり穴が空いたような状態で、耐えきれずまた観に行ってきたわけで

 

観るたびに新しい発見がある「トーマの心臓」。舞台を観たあとは、原作を見返してます。原作では見えなかった部分が舞台で見えたり、相互作用で楽しんでますっ❗何て贅沢な楽しみ方っ(#^.^#)

 

トーマの心臓(スタジオライフさん公演)観劇してきた〜!!! 舞台アレンジされてるところもあって、漫画とはまた違った面白さがあったよーよかったー!

 

劇団スタジオライフが「トーマの心臓」上演20周年を記念して連鎖公演を開催中。3作品を観て胸を揺さぶられ、得も言われぬ幸福感を味わった。団員たちの舞台に対する真摯な取り組みや、原作をとても大切にする倉田さんの脚本や選曲が好きで、ライフの公演はけっこう観ている。

 

久しぶりにスタジオライフを観に行ってきました♪ 萩尾望都先生の「トーマの心臓」のオスカーが主人公の「訪問者」 原作でみるより、等身大だとオスカーの父親に「オイ」と言いたくなります(笑) 原作を読み返したくなる舞台でした☆

 

少年系に話題が向きがちな劇団スタジオライフだけど『訪問者』は中年男とおばさんたちが良い感じ。それでいてしっかり萩尾望都さんの描く家族のピリピリとした雰囲気、思春期の迷いも滲む。良い舞台だったなあ。次は『トーマの心臓』見ないと。

 

舞台「トーマの心臓」を見てきました。私は萩尾望都は読んだことがなく原作を知らなかったんですけど、竹宮惠子なら読んだことがあるしジャンルとして寄宿学校のお耽美はわりと好物なのでまあ大丈夫かなと。

 

スタジオライフの舞台「トーマの心臓」をみてきた♪私には難解でまだ理解しきれていない。舞台ではしっかり噛み砕いて、役者さんの演技でトーマの心臓の世界に連れていってもらった!! 愛ってなんだろうな~。

 

 

「トーマの心臓」宝塚で舞台化したらいいのに。

 

トーマの心臓の舞台見てきたんだけども、台詞の一つ一つが本当に美しくて心に沁みて、やはり萩尾望都作品の文章は声に出してこそ意味があるのだと思った

 

トーマの心臓良いですよ(突然の布教)。ドイツのギムナジウムが舞台の少年達の物語で、そんなに長くないですし、現在の少女漫画に多大な影響を与えた古典のような作品なので、機会があればぜひ!

 

トーマの心臓の舞台に行ってたよ。そんなに描写があるわけではないけどそういう絡みがあるたびにドキッとしてしまうね…映画だと平気なんだけどなんでだろね?

 

「トーマの心臓」エーリクが本当奇跡のような14歳少年で、ずっと目が離せなかった。20周年で2.5次元演劇の先駆けとして、円熟した厚みのある舞台だった。キャストが徹底的に上手い。原作も演出も脚本も一流。「レ・ミゼラブル」をイギリスで見たときと同じ気持ちになった。

 

スタジオライフさんの「トーマの心臓」観てきました! 原作は全くの未読なんだけども、エーリクのあまりにも純粋な愛情に、ため息しか出ない… あんなストレートな「僕は君が好きだ!」は舞台でもなかなか聞けまい。

 

『トーマの心臓』 今日は後方席だったので、全体がよくみえました。 舞台美術も照明も本当に美しい。 ユーリがサイフリートとのことを語るときの、青と赤がとても印象的だった。 リーディングは、すごく暖かくて優しくて、まさに「幸福そのもの」でした。 オスカーの台詞が胸に染みました。

 

エーリクの揺るぎない思いやトーマの静謐な決意、オスカーのやさしい許し、それらがすべてユーリに向かっていき、ついにはひとりの傷ついた少年の心臓を融かしてゆく。舞台版トーマの心臓はその過程が息詰まるほど繊細に描かれた作品です。なので皆サンモールシアターへ行こう。(雑なマーケティング)

 

トーマの心臓舞台、本当に綺麗にわかりやすくまとまってて感動した…端折る所と見せる所のメリハリがしっかりしてた。あとはやっぱり個人的にサイフリートのシーン、原作以上に掘り下げてきたのは拍手しかなかったし、ユーリ役方の呻き声や苦しむ演技が素晴らしすぎて迫力に圧倒された。

 

【トーマの心臓/湖畔にて】 もぎりの時「シュロッターベッツへようこそ」とのお声掛け。言葉の通りでした。舞台を構成する全ての要素が没入感を誘ってくれて、観劇という行為の喜びを今1度噛み締めさせてくれました(;_;) 何度も泣いた。エーリクとシドの抱擁に一番泣いた。

 

スタジオライフ「トーマの心臓」。観る度に新しい感動が生まれ、涙を流し、トーマから受け取った幸福で胸が暖かくなる、素晴らしい舞台です。まだの方は、是非足を運んでみて下さい。3/13まで新宿シアターサンモールにて上演中です。

 

スタジオライフのトーマの心臓で印象的だったのは繰り返されるトーマの詩。どこまでも悲しく、しかし強さと愛に満ちている。山本さんのユーリの繊細さと激しい葛藤、笠原さんのオスカーの大きな愛、松本さんのエーリクが持つ光と彼自身も抱えていた愛への疑問と恐れ、全てが絡み合い舞台上で一つになる

 

 


舞台『トーマの心臓』『訪問者』感想 舞台『トーマの心臓』『訪問者』口コミ 舞台『トーマの心臓』『訪問者』評価 舞台『トーマの心臓』『訪問者』評判 舞台『トーマの心臓』『訪問者』最新 舞台『トーマの心臓』『訪問者』レビュー 舞台『トーマの心臓』『訪問者』興行収入 舞台『トーマの心臓』『訪問者』動員数 舞台『トーマの心臓』『訪問者』ランキング

舞台『トーマの心臓』『訪問者』を観た人の感想、評価、口コミ

 

スタジオライフのトーマの心臓、とてもいい作品でした。アヴェマリアの音楽と共に死にゆくトーマの残像が舞台に残り続け、存在しない間もそこにあり続けるような感覚が終始襲う。愛とは許すことなのかもしれないし、受け入れるということなのかもしれない。全ての登場人物の心理と言葉が突き刺さります

 

原作の舞台化云々じゃなくて、トーマの心臓でした、トーマの心臓って改めて、なんて繊細で詩的で人間的でとにかく凄まじい作品なんだろう語彙力に降ってきてほしい…… 眼が溶けそうです

 

セットやアレンジや演出が変わった舞台『トーマの心臓』。今回特に3人の父親の想いや触れ合いが鮮やか。ヴェルナー氏の「人間が永遠の証し」も体現。故・河内氏の想いが、新旧キャストにしっかり引き継がれ新たな作品として昇華。作品の永遠性、スタジオライフの進化を感じた。

 

スタジオライフ「トーマの心臓」公演を観てきました。2010年に観た時と同じ山本芳樹さんのユリスモール。漫画「トーマの心臓」は私にとってとても大切な作品で、舞台を見ながら色々なことを思いました。今でもやっぱりユリスモールに感情移入してしまう。朗読の「湖畔にて」もとても良かった。

 

StudioLifeトーマの心臓+湖畔にて~エーリク十四と半分の夏~観劇。舞台化から20周年、ということで卒業した初演組の先輩方が復帰したりしてなかなか感慨深い舞台でした。ずっと下手が舎監室に横向きのベッドが舞台美術の基本形だったが、ベッドのレイアウトが変わったのも新鮮。

 

萩尾望都の世界観は、漫画の中だけで完結させた方がいいと思うけどな。「トーマの心臓」を原案にした映画「1999年の夏休み」なんて、深津絵里のデビュー作という記念碑的ではあるが、酷いもんだった。本人が野田秀樹と共同脚本した舞台「半神」だけは別にして。

 

宝塚でもそうなんだけど、ドラマの世界でももうきっとまっさらな状態から完全オリジナルの脚本書ける人がいなくなっちゃったんだね…。熱烈な原作ファンのいる作品にまで手を出して。「トーマの心臓」や「11人いる!」はスタジオライフが舞台でやってるけど望都さんファンの評判はどうなんじゃろ。

 

15年位前にスタジオライフが舞台化したトーマ心臓は良かったと思うけど、そもそもトーマとポーと風と木の詩は日本人での実写化は難しいと思う。

 

スタジオライフ「トーマの心臓」を見ていて、万が一ジャニーズで舞台化とか映像化するなら、キャストはSnowmanがいいな、と思っていた。ただ単に、アンテを佐久間にやってほしいだけですが。その他はオスカーはひーくん、ユーリはあべちゃん。

 

トーマの心臓は、ドイツのギムナジウムが舞台。 ドイツ人のマリウスに、ドイツ語で演じて欲しい。 原作の世界そのままに…

 

「トーマの心臓」も近い内に舞台を現代に変えられてテレビドラマ化し、寄宿舎を会社に変えられ、トーマの自殺の理由は残業時間が増えすぎた為の過労と鬱による自殺とかになるんじゃないの…もはやそれトーマの心臓ちゃう。でも、ポーの一族もその位違う。。

 

トーマの心臓の舞台は良かったと思うけどシンゴチャンのポーは無理ありすぎやん、たとえ設定とか借りるだけとしても。。。 それなら住む場所を追われ続ける吸血鬼って言うだけで良くない?!

 

トーマの心臓の舞台もさ、日本人だったからちょっとイメージ違うなぁって思ってたけど、、 これは一般受けしか考えてないよね?? 有名な人使えばいいと思ってるよね???? 製作者さんほんとにポーの一族読んだ??

 

 

Studio Lifeさん30周年記念公演第5弾『トーマの心臓』観てきました。静かな花園の中央にあるテーブルで、紅茶を飲みながらひっそりと秘密の小説を読む、そんな感覚を思わせる舞台。とてもとても繊細で美しく儚く、脆い、それでいて揺るぎない。とても素敵な舞台だった。

 

スタジオライフ トーマの心臓観劇終了! ひさびさのスタジオライフ楽しかった〜〜! なによりあの舞台上の空気が好き。 そして、やっぱり松本さんの芝居は最高だった。 客席は座布団席出るくらいの満席でした😌💗 さあ、これで明日からもがんばれるぞ💪🏻

 

スタジオライフ『トーマの心臓』を観た。男の子がまさに男の子、特にヘルベルトとアンテは原作から飛び出してきたみたいだった(゚Д゚)!重い台詞が重くなくて、スッと耳に入る。綺麗の一言で片づけたくないあの感じは、原作も舞台も一緒なんだなあ。

 

トーマの心臓の舞台観に行ったんだけどすごい良かった~……エーリク役の俳優さんめちゃくちゃ可愛かった(⌒‐⌒)

 

トーマの心臓の舞台、観てきました。大盛況で、補助席が設置されて通路までお客様が一杯でした。3時間強の舞台で、見応えありました。

 

スタジオライフ『トーマの心臓』。安定のキャストだからこそ、こちらも安心して観られたというのもあった。舞台も客席も異様な緊張感に包まれ、最後まで誰一人台詞を噛んだりもせず雰囲気を壊さず、本当に濃密で素敵な時間が流れていた。良い初日だった。

 

「トーマの心臓」の舞台を観てから、すぐに原作を見直しました。個人的になかなか理解しがたい世界なのですが、舞台を観て原作内容の意味が感覚的なのですが、分かる部分も多くありました。

 

スタジオライフ「トーマの心臓」初日!素晴らしかった!確かに年月は経ってはいるのだけど、ベテランキャストの引力が凄い。そこに若いキャストの新しい風が混ざって、今回のトーマは何かが違う気がする。自分も何回見たか分からないけど観る度に泣いてしまい、この舞台の底力を感じて慄いてしまう。

 

本日は6年ぶりにライフさんの訪問者を観劇しまして…明日のWAが気掛かりで集中できないんじゃないかと思ったけど、流石は生の舞台。ちゃんと飲み込まれました。トーマは今回日程が合わず断念;

 

スタジオライフ『訪問者』初日。 初日だったので終演後舞台挨拶があったのですが、オスカー役の久保優二さんはお辞儀をしながらも頭がフラフラしていて、御挨拶では「搾り出しきったので頭痛がしています」とおっしゃっていました。大変かとは思いますが無事千穐楽を迎えられることを祈っています。

 

劇団スタジオライフの『訪問者』を見せていただく。相当に完璧なまでに萩尾望都さんの原作漫画のビジョンを舞台に写してる感じ。プラスアルファも入れてオスカーの少年期というよりグスタフという男のズレながら懸命に生きようとして、けれどもズレてしまうどうしようもなさを浮かび上がらせていた。

 

スタジオライフ『訪問者』。舞台のネタバレにならないところで。終演後、物販で訪問者の書籍を探していたら、つい今しがたまで板の上に立っていた役者さん達が目の前に!ミーハーなのでそれはもうドキドキしました。

 

私の観劇ライフは「スタジオライフ」が萩尾望都のトーマの心臓と訪問者を舞台化すると聞いて見に行ったのが始まりなので、2.5次元ミュージカルを否定するつもりは全くない。最初は偏見を持って見た「訪問者」が素晴らしくてスタジオライフにハマり、その後様々な舞台を見始めるようになった。

 

 

●キャスト●
「トーマの心臓」山本芳樹 笠原浩夫 松本慎也 曽世海司 石飛幸治 ほか
「訪問者」楢原秀佳 久保優二 青木隆敏 笠原浩夫 ほか


●スタッフ●
原作=萩尾望都 脚本・演出=倉田淳

●入場料・公演時間・その他●

全指6,000円、学生3,000円(劇団のみ)
「トーマの心臓」約3時間5分(休憩あり)
「訪問者」約2時間35分(休憩あり)
「湖畔にて」約20分

公演中のミュージカル・舞台・演劇のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

 

-舞台
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.