【口コミ・感想】舞台『バカシティ』ブルドッキングヘッドロックの評判、評価 - ENJOY THEATER

舞台

【口コミ・感想】舞台『バカシティ』ブルドッキングヘッドロックの評判、評価

投稿日:

「理屈抜きに大笑いできる面白さ!」「日常に苛立っている方、むしゃくしゃしている方、笑いに行ったらどうでしょう!」「ネタばれ呑み会もおもしろい!」

 

omote_h1080(©ブルドッキングヘッドロック)
公演中【2016年11月2日(水)~11月20日(日)】

舞台『バカシティ』とは

右も左もバカばかり!バカがバカスカ生きて死ぬ!みんなおいでよ!バカシティ!-ブルドッキングヘッドロック-

 

 

舞台『バカシティ』を観た人の感想、評価、口コミ

ブルドッキングヘッドロックさん初めて拝見「バカシティ」。会話のテンポと笑いのタイミングを1mmも逃したくない気持ちで挑みました。すんごい普通ですんごい可笑しみ溢れる登場人物たちと、その会話。いつもとテイスト違うみたいですが、バカバカしさに心スッキリ。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』あかつき編を昨晩。アゴラとブルの組み合わせが私は不思議な感覚になった! しかし笑ったなー!いくみさんもちゆきさんもさちんさんも、みんな可愛らしく見えた。

 

ブルドッキングヘッドロック「バカシティ あかつき編」観る。落語を取り入れた本作、喜安浩平だけあって単純に劇化するのではなく、「粗忽長屋」「五人廻し」「めぐすり」「らくだ」など複数の古典落語の要素を取り入れてさらにタイムトラベル、パラレルワールドな仕立てになっていて、正直一回観ただけでは?という部分も残る。ただ、くるくる変わる設定、時代も含めてまるっと大きな世界観と、醸し出されるこの劇団の特色である「おかしみ」を楽しんだ。落語テーマでたそがれ編との2本立て、この複雑なプロットを2本も書いて演出する喜安浩平、すごいとしか。

 

ブルドッキングヘッドロックVol.28 『バカシティ』誰が1番バカなんだろうと思いながら観てたけど、みんながみんなきちゃっててそんなことはどうでも良くなった。色んな思惑があって未来人も大変ね。

 

俳優の高木健さんが出ているバカシティというお芝居を観に行ってきました。脚本が入り組んでるのにただただバカで唖然としました。面白かったです。http://www.

 

ブルドッキングヘッドロック「バカシティ」あかつき編 龍ちゃん健ちゃんが真っ直ぐにバカすぎて愛おしかった。やっている事、言っている事はくだらないのに、尊敬できるおバカ達。序盤で、幸世さんまさかあなたもバカなんてこと…となり、後半であぁやっぱりバカなのか。という展開が大好きです。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』あかつき編、たそがれ編。 何も考えずにヘラヘラ、ゲラゲラ笑える2時間。 最近こういうナンセンスなもの本当に観てない。セリフも「なんでそんな返しするの?」みたいな目眩く2時間、あー面白かった!

 

バカシティあかつき編。こちらもゲラゲラ笑っておりました。マチソワでブルを楽しみ、飲み会まで行かせてもらって、挙句前回関わってた期間は物凄く短かったのに皆さんしっかり覚えてくれていて、良い一日でした。

 

バカシティ「たそがれ編」八日の夜の観劇から丸一日経ってようやく自分の中で納得というか、消化できた気がする。妙に深読みしたり野暮なこと考えたりもしたけど、とにかく笑えたし楽しかった!!観に行って良かった!!これでいいのだ\( 'ω')/

 

『バカシティ』“あかつき編”は、《前座》を思い出しつつ、深澤さんの活躍を期待して観に行ったから、まさに深澤さん大暴れで自分的には大満足というか深澤さんの扱いヒドイ( ̄∇ ̄) 他の演者さんもみんな熱演で縦横無尽に舞台を駆け巡っておられました。“たそがれ編”は来週の予定。

 

あかつき編も観劇。うーんやっぱり女の性なのかこの手の話には食いついちゃう。そして永井さんの役柄みたいな奥さまが知り合いなら楽しいなあと思ってしまった。バカシティは前座とたそがれ編とあかつき編の3つで1セットかも…

 

あかつき編の女性陣皆様輝いておられます。さちんさんもいくみさんも深澤さんも橋本さんもみんな素敵。最初の方のいくみさんの探偵が「ぼくと付き合いましょう」的な事を言い出した時の全く状況が理解できません、な表情が好き(笑)

 

2回目のバカシティ観て来ました。 やっぱり面白い!今回は取り入れてた落語を軽く勉強してから見たんですけど、このシーンは落語が元ネタなのか!と理解できる事が多くまた別の楽しみ方ができた😊好きなシーンはたくさんあるけどそれすらもネタバレになって言えない(笑)皆観て語ろ~オススメだよ~

 

 

喜安浩平さんの舞台「バカシティ」を鑑賞。すんごい面白かった^_^ ナンセンスギャグ爆発なのに、落語とSFをテーマにした、かなり劇的なストーリーがとても面白い。 やっぱり喜安さんすごいなー。 徳山大五郎ではお誘いしておきながらご一緒できなかったので、いつかご一緒したい^_^

 

バカシティたそがれ編を観賞。1995でBHLにはまった私的に嬉しい内容。少しでも気を抜いたら破綻しそうなストーリーで、あちこちに伏線引いてあるからどこ見てればいいのかわからなくなる!笑

 

ブルドッキングヘッドロック「バカシティ」たそがれ編を観てきました。予想の遥かに上を行くバカさ加減でゲラゲラ笑ってました。ちょっと作り方を間違えれば空回って失笑してしまいそうな所を上手くバランスが取れていて、本当面白かった。こういうコメディ感大好き。

 

バカシティ。 すげえ長く感じて、三時間くらいたってね?と思って終演後時計見たら二時間もたってなくてびっくり。 でもでも長く感じて全然嫌じゃなくて、むしろもっと見たかったとか言う不思議な感覚。長く感じられて良かった。こんなのはじめて。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』あかつき編 。おもしろかったー!落語ネタが散りばめられているのですが、それとは関係なく話の展開が予想外すぎて…。どんなバカなシティなのかなあ?と思って観にいったのに、なんか賢くなってしまいそうなパズルな展開でした(笑)

 

『バカシティ』たそがれ,ちんちくりん香帆の藤原よしこさんが全然ちんちくりんじゃない“おかしみ”。だって、あの可愛い顔立ちでグラマラス。それはむしろ破壊力満点のエロティシズム❗ちんちくりんは身長のみ。 暴言娘の山田桃子さんの破壊力👍ウリを熟知していて大胆。使い勝手のイイ女優さんだ👌

 

今城さんは寺井さんのことが好きでたまらないとしか思えない😊あの感じは、好きな女の子をいじめる男子小学生と同じ。どうしてもあの場面に戻って、困る寺井さんを見たいというのはもう大好きだもの❗膨らまないアレを膨らませる寺井を上から見る今城さんと平岡さんが最高😁👍

 

フラフラになりながら、高速のパーキングで仮眠をとってやっとの帰宅😵💨でも、それくらいしてでも観たかったし、観た甲斐があった。バカさ加減は相変わらずだけれど、話がスーッと入ってきた。一昨日の巻き込まれるようなドライブ感とはひと味違った。リピートお薦め

 

BHLさんの舞台を観るのは初めてだったので身構えていたけれど、とにかく笑った。出てくる人、やってること、時計の設定なんかも含めてタイトルに偽りなし。未だに頭が混乱してるけど、なんか綺麗に終わったし、観てる最中ひたすら楽しかったし、かほちゃんは可愛かったし、満足!

 

バカシティたそがれ編。自分の劇団の公演なのに声出して笑ってしまった。個人的に、主軸の男性たちの物語の中に、いろんなタイプの女性が次々と現れるのがとても楽しい。馬鹿馬鹿しい中に、勝手に真理を感じてうっかり泣きそうになる瞬間も。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』たそがれ編。この劇団の作風は常にこんな感じなのか、それとも今回は例外的なまでにバカなのか…何しろタイトルにわざわざ「バカ」とつけるくらいだから、後者の可能性も高い。とりあえず次の公演も見て確認するとしよう。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』たそがれ編。ただ作・演出の喜安浩平は、『桐島、部活やめるってよ』『幕が上がる』など、優秀なエンタテインメントでありつつシリアスなテーマを持った映画脚本のイメージが強いので、自分の劇団でここまで馬鹿な作品をやっているのはちょっと意外だった。

 

 


 

舞台『バカシティ』を観た人の感想、評価、口コミ

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』たそがれ編。両編を通じて特に良かったのは、あかつき編の深澤千有紀(特権的肉体)、たそがれ編の岡山誠、松本哲也あたりか。他の出演者も男女を問わず皆キモ可愛くてチャーミングだった。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』たそがれ編。たいへん失礼ながら、劇団員の人たちは、大部分が平均を下回るルックスで、正直 芝居が始まった瞬間は思わず引くくらいなのだが(本当に失礼!)、芝居を見ていくうちに、そんな不器量な人たちがどんどん魅力的に見えてくるのも醍醐味の一つ。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』たそがれ編。両編を通じて役者で知っているのは、浮世企画の主催者 今城文恵だけだったが、実際に見てみると、松本哲也や前原瑞樹など、名前を覚えていないだけで顔には見覚えがあった。

 

バカシティ中で気に入ったフレーズとか面白かったシーンとか必死でメモしてしまった笑アフタートークも面白かった笑岡山さん可愛いですよ‼︎

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』たそがれ編。昨日のあかつき編に続き、今日はたそがれ編。面白かった。こちらの方が話が整理され、役者の演技も含め、全般に知的。あかつき編の方が良くも悪くもバカで肉体的。それぞれ違った面白さがあるが、私としてはたそがれ編の方が好きかな。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』たそがれ編 こっちもいいわ~!!笑いすぎて喉が痛いくらい。タイムリープの使い方が割とシンプルで巧み。女性陣のキャラが一筋縄ではいかない上にあの口調でM男にはたまらないかも(笑)松本さん今城さんの使い方も秀逸でこれを見られたのはかなり貴重。

 

バカシティを観てきた。バカバカしくて楽しかった。始まる前からバカと銘打ってくれてることのなんたる安心感よ。

 

あかつき編。『バカシティ』以外の何物でもない、あれはまさしくバカシティ。好きなシーンとか好きな台詞とか、人それぞれなんだろうなーと思うと楽しい。そしてまさかの差し入れ頂いてしまい。ありがとうございます。前座のビンゴ景品の本読んで貰えて嬉しい・・!よかった!🌸

 

『バカシティ あかつき編』 笑いの地雷をそこらじゅうに埋められ、我々は見事にそれを踏んで笑い転げる、いや転げる訳にはいけないが。でも何度もバシバシと膝を叩きそうになった。 くれない編が楽しみ。あかつき編をもう一度観に行く

 

『あかつき編』観劇!ほんと何も考えずに夢中になって観てました!バカみたいに笑って観てるこっちがバカになっちゃったみたい。本当に落語は勉強不足なんですけど、さちんさんのあの落語で興味がわきました!知らないことがまだまだ沢山あるなぁ〜!

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』あかつき編。ただまあ、自分にとって最上級のエンタテイメントだったかと言えば、そこまではいかないのも確か。各シーンは大いに笑えるが、やはり全体を貫く波乱万丈のストーリーやテーマがある方が好み。この作品、ストーリーは有って無きがごとしだからな。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』あかつき編。いくつもの落語をベースにした話なので、元ネタを知っていて!どの部分をどのように流用しているか分かれば、さらに楽しめることだろう。SF的設定は、そんな無謀な企てを実現するための手段でしかない。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』あかつき編。面白かった。これでもかとタイムスリップを駆使した話は分かったような分からないようなと言う感じで、これ本当にロジックは破綻していないのか?と思うが、本格的なSFではないのだし、その辺は適当に流して場面ごとを楽しめばいいのだろう。

 

 

『バカシティ あかつき編』 これは見ないといけないヤツだ! メチャクチャ練られた作品だった! 見終わってから 1時間経ってるけど笑いすぎて腹が痛い! 見るべしですね。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』あかつき編 めっちゃ楽しかった~!!物語の複雑さは若干あるものの理屈抜きに大笑いできる面白さ。今まで見てきたブルとまたひと味違う楽しさ。劇団員ベテラン女子チームががっつりと絡み引っ張る姿がとってもいい。アフタートークの深澤さんの笑顔が最高。

 

ブルドッキングヘッドロック『バカシティ』 笑った笑った。9時に終わってアフタートークを聴いて今井の頭線に乗っているけどまだお腹が痛い!笑い疲れた! 高度に練られた色んな壺に思い切り身を委ねて笑えた。こんな心地良い笑い袋、もう一度予約していたけどこれで2回目確定だ! おもしろいZ!

 

「バカシティ・あかつき編」@こまばアゴラ劇場。アフタートークで作演の喜安さんが言っていたが、ライブ感重視ということで ブルの作品としてはちょっと異質な感じ。とにかく情報と笑いがてんこ盛り。ジェットコースターのように意外な展開が繰り返される中、元になった落語のネタを探す楽しみも。

 

お芝居や演出のことなんてなんにも知らないし、わからないけど、昨日初めてバカシティで舞台という作品を経験して、一番感じたことは、会場という世界がひとつにまとまることで、その瞬間のその作品が完成するんだろうな。ってこと。偉そうだけど、呑み会で二見さんが言ってたことで本当にそう感じた。

 

『たそがれ編』観ました!すんごい面白かった!この充実感はなんだろうと考えてみると、客演さんは勿論、劇団員さんの魅力を存分に堪能出来たのが一番の理由じゃないかと。こんな一面もあるんだ!とわくわくしっぱなしだったのです。

 

バカシティあかつき編たそがれ編両方観劇。ネタばれ呑み会にも参加出来て本当に面白かった。 どちらも私が気になるような所がスルーで、え!?そっち気にするの?って所がものすごく可笑しくて…そんな話がネタばれ呑み会でも出て聞いててバカシティの住人になりたい気分になったよう♪

 

バカシティあかつき編・たそがれ編観劇。バカで落語でどんな話なんだろう?と思っていましたが、いろんな意味で意外なところがあったかなという感じ。ただ、素直に眺めてればいいのかなーと単純に観すぎたかもしれない…。 飲み会にも参加できてとても充実した一日でした!

 

二見香帆さんは、見事にアイドルだった。可愛さが爆発していた❗彼女の子孫だったり、彼女そのものだったりする山田桃子さんが可笑しい。そしてそして、準劇団員の平岡美帆さんが最高にカワイイ❗あの上品な感じがたまらなく素敵👍 ヤバイな、恋しちゃったかな💕😜

 

鳴海由莉さんがカッコよくて可笑しくてバカで愛しい😊 やまぶきいろのタイツが目に焼き付いた👀 OL風に💻に向かってパチパチやる姿がクールビューティでときめく💓 先輩コンビニ店員のヤンチャぶりもイイ👍 イキイキしてるなぁ❗

 

バカシティのあかつき編とたそがれ編、その後のネタバレ飲み会まで。落語モチーフと言うからもっと落語っぽいものをイメージしていたんですが、落語のエッセンスが散りばめられているという感じで、見ている間は落語を意識することはあまりなかったです。

 

喜安さんがちりばめた“おかしみ”のご馳走をたらふく戴き、バカと滑稽を腹が捩れるほど笑った。ノンストレス。日常に苛立っている方、むしゃくしゃしている方、笑いに行ったらどうでしょう。オススメです。

 

バカシティみてきた。あかつき編、たそがれ編、ネタバレ飲み会まで。 すごい笑って、話の展開に開いた口がふさがらなかった。 楽しい。常識人がいない、バカばっか。 ネタバレ飲み会で、なるほどって思う部分がいっぱいあって、役者さん、喜安さんから直接作品についてをきけて、素敵な1日だった。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています!!
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください★

 

●キャスト●
たそがれ編:岡山誠/寺井義貴/松本哲也/今城文恵 ほか
あかつき編:永井幸子/はしいくみ/村上誠基/富士たくや ほか

●スタッフ●
作・演出=喜安浩平

●入場料・公演時間・その他●
全自3,500円/当日3,800円、4日「バカシティ内覧会(稽古場見学)」1,000円/高校生以下無料 *18歳以下・セット・リピーター料金あり
約2時間*変更の場合あり

公演中のミュージカル・舞台・演劇のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

-舞台

Copyright© ENJOY THEATER , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.