城田優が初演出!ミュージカル『アップル・ツリー』あらすじ・観る前に知っておきたいこと! - ENJOY THEATER

ニュース

城田優が初演出!ミュージカル『アップル・ツリー』あらすじ・観る前に知っておきたいこと!

投稿日:2016-05-01 更新日:

“生き抜くことは困難であればあるほど、人生はきっと幸せをもたらしてくれる”

FLYER OMOTE SAIKOU OUT

『アップル・ツリー』は“真実の愛”をテーマとして、マーク・トゥエインの「アダムとイブの物語」等、原作の異なる3つのストーリーを、「屋根の上のヴァイオリン弾き」のシェルドン・ハーニック(歌詞)とジェリー・ボック(作曲)の名コンビが作った大ヒットミュージカルコメディです。

1966年にブロードウエイで初演され、その後日本では3回上演されました。

 

物語の全体を貫いているのは、男と女と悪魔の物語という主題です。

自分の人生を求め、迷いながらも本当に大切な愛に気づく人間の普遍的な姿を、今なお輝きを放つ、若々しさと時にはユーモラスな楽曲でつむぎます。

耳馴染みのよい音楽とシンプルな愛の物語を通して、ミュージカルだからこその人間賛歌として描かれています。

 そんな『アップル・ツリー』を34年ぶりに、城田優が初演出作品としてお贈りします!

公演は「赤坂RED/THEATER」で、2016年5月28日(土)~6月7日(火)の公開予定で、6月2日(木)の19時からは城田優のスペシャルトーク「アップル・ツリーと僕とミュージカル」も開催されますので、こちらも是非ご参加くださいませ!(写真:©ワタナベエンターテインメント)

 

城田優、念願の演出家デビュー!

城田優さんは、ミュージカル「エリザベート」でのトート役が高い評価を受け、栄えある第23回読売演劇大賞の男優賞を城田優が受賞いたしました。

これからのミュージカル界を担う存在として、今後の活躍に注目の俳優です!

 

 

 

今回の「アップル・ツリー」で初の演出を手掛ける城田優。かねてから思い描いていた演出家という立場で、ブロードウェイミュージカルの名作「アップル・ツリー」をよみがえらせます!

城田優さんからのコメント

元々、舞台演出自体に興味があり、数々のミュージカルに出演させていただくなか、「いつか演出をしてみたい。」という気持ちがあり念願叶って今回の機会を頂きました。
将来的には出演だけでなく裏方の仕事もしてみたいと考えています。

今回の経験で俳優としてスキルアップし、さらに様々な作品の演出やプロデュースにつなげるためにも全身全霊取り組みたいと思います。

 

キャストについては、「表現力」と「聞いていて心地の良い声」を重視しました。
ミュージカルですので歌声を聴いてお客様に何か感情:エモーションを届けらなければならないので、沢山ご応募いただいた素敵な声の中から厳選したメンバーに集まっていただきました。

「初演出」ということで初舞台に立つかのような「全力感」「真っ直ぐさ」が皆さんに伝わればいいなと思っています。

 

歌の力と芝居の力で素敵なメッセージを皆様にお届けいたします。

 

城田優(しろた・ゆう)  1985年生まれ、東京都出身。
2003年俳優デビュー。
舞台ではミュージカル『エリザベート』『ロミオ&ジュリエット』『ファントム』等で主演を務め、『4Stars』では海外のミュージカルスターと共演を果たす。2010年に史上最年少で『エリザベート』トート役を演じ、第65回文化庁芸術祭・演劇部門で芸術祭 新人賞を受賞。2015年には、第6回岩谷時子賞にて「奨励賞」受賞。
2015年はNTV系ドラマ『○○妻』他、TBS系ドラマ「表参道高校合唱部!」では教師役を好演。またディズニー映画『シンデレラ』のプリンス役吹き替え声優を務めた。
2016年1月上演の地球ゴージャスプロデュース公演Vol.14「The Love Bugs」にて主演を務める。

 

「アップル・ツリー」のストーリー

3組の男女の愛のものがたりをオムニバス形式とした大ヒットミュージカル!

 

FLYER OMOTE SAIKOU OUT(©ワタナベエンターテインメント)

第1部  アダムとイヴの日記

エデンの園に目覚めたアダムとイヴ。2人は出会い、お互いの存在に当惑しながらも、やがて心を通わせてゆく。ヘビに誘惑され禁断の果実の正体を知ったイヴ。

第2部  女か虎か

未開の王国で行われる奇妙な裁判。闘技場には大きな2つの扉があり、その一方には獰猛な虎が、もう一方には美しい女が待っている。虎に食い殺されるか、女と婚礼を挙げるか…その両極の運命は、囚人みずからの選択に委ねられる。

第3部  パッショネラ

現代のニューヨークで煙突掃除として働く少女エラ。彼女の生活は困窮する一方だが、彼女にはただひとつ、映画スターになりたいという輝かしい夢があった。

ある晩、大好きなテレビの向こうに現れたゴッドマザーの魔法により、エラは憧れの映画スター•パッショネラに変身してしまう。富や名声を手に入れ、理想のトップスターに上り詰める彼女だが、その孤独な心は真実の愛を求めて彷徨っていた。

 

次のページでは、魅力溢れるキャストを一挙に紹介します!→

 


『アップル・ツリー』感想 『アップル・ツリー』口コミ 『アップル・ツリー』評価 『アップル・ツリー』評判 『アップル・ツリー』最新 『アップル・ツリー』レビュー 『アップル・ツリー』興行収入 『アップル・ツリー』動員数 『アップル・ツリー』ランキング

魅力的なキャスト

城田のたっての希望でキャストはオーディションにて選考。
城田自身も立ち会い、有名・無名を問わず歌唱力があり、表現力豊かなキャストが揃いました。

以前より信頼を寄せていた岸祐二さんをメインに、オーディションで選び抜かれた精鋭たちにご期待ください。

 
 

 

岸 祐二

AT_1

東京都出身。TV「激走戦隊カーレンジャー」(ANB)主役で注目を浴びる。

その後、舞台や映像で幅広く活躍。

主な出演作に舞台
『レ・ミゼラブル』
(ジャベール役)
『ミス・サイゴン』(ジョン役)
『三銃士』(ポルトス役)
next to normal(ダン役)
『エリザベート』『モンテ・クリスト伯』『familia425日誕生の日~』など。

声優
『ストリートファイター』
(ケン役)
『世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット』(アンジョルラス役)など。

 

上野哲也

AT_2

千葉県出身。舞台芸術学院卒業。
伝統芸能を扱う劇団わらび座で様々な芸能や日本文化を学び主演俳優として活躍。
独立後は東宝ミュージカル『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』をはじめ『ハロードーリー』『かぐや伝説—月からの贈り物—』『劇的歌謡祭19☆80』等、数々の舞台に出演。2014年の『ミス・サイゴン』ではクリス役を努めた。
また、近年では3オクターブの広い声域を活かしライブ活動も精力的に行っている。

 

小山侑紀

AT_3

東京都出身。
「葉っぱのフレディ」フレディ役・メアリー役・ダニエル役・風のウェンディ役等。
「ザ・ミュージックマン」「愛の唄を歌おう」天使役(演出/宮本亜門)「から騒ぎ」「
DNA-SHARAKU」等のミュージカルに出演する一方、
映画「筆子、その愛」、ドラマ「いじわるばあさん
3」にも出演、他にCM、スチールモデルとしても活躍中。

 

杉浦奎介

AT_4

東京都出身。現在東京藝術大学音楽学部声楽科4年次在学中。

来春より同大学院声楽科進学予定。在学中より数々の舞台・演奏会に出演。

主な出演作
オペラ「愛の妙薬」
/出演。舞台「獄落」「10億当たって死んだ男」/脚本・演出・出演。
芸大ミュージカルエクスプレス「ミーアンドマイガール」
/演出・出演。
テレビ朝日『サマステミュージカルコレクション』
/出演。
BS-TBS『日本名曲アルバム』/出演。

 

関谷春子

AT_5

東京都出身。
東宝ミュージカルアカデミーを経て、舞台『青猫物語』(
2008)(作:マキノノゾミ、演出:山田和也)でデビュー。
その後、数多くのミュージカルに出演。

主な出演作
『グッバイ・ガール』(作:ニール・サイモン、演出:マキノノゾミ)
『タイタニック』(
2015)(脚本:ピーター・ストーン、演出:トム・サザーランド)
『メリリー・ウィー・ロール・アロング』(
2014)(演出・振付:宮本亜門)などがある。

 

和田清香

AT_6

沖縄県出身。
11歳の頃に沖縄アクターズスクールオーディションにてグランプリを受賞し、B.B WAVESのメインメンバーとして様々なコンサート、テレビ番組に出演した。
シンガーソングライターとしてソロ活動後、新たにミュージカルなどにも挑戦したく沖縄より上京。

主な出演作
音楽劇『あかい壁の家』(渡辺えり作・演出)
韓国
現代戯曲ドラマリーディングVol.7『木蘭姉さん』(主演)など。
20161月にはミュージカル『手紙』に出演する

 

豊原江理佳

AT_8

ドミニカ共和国出身。
音楽家の父の影響で幼少の頃から歌に親しみ、
9歳の時に地元のミュージカルに参加した事をきっかけに女優を志し養成所に入る。
2008年丸美屋食品ミュージカル「アニー」アニー役、2009年佐渡裕プロデュースオペラ「カルメン」に出演。
2011年より元ブロードウェイ俳優マイケル・ステューバー氏に師事、数多くの舞台で経験を重ねる。

20154月にはニューヨークへ留学し、テリー・シュライバー・スタジオにて芝居を学ぶ。

(写真:©ワタナベインターテイメント)

 

公演概要

脚本:ジェリー・ボック&シェルダン・ハーニック、ジェローム・クーパースミス

作詞:シェルダン・ハーニック  
 作曲:ジェリー・ボック

日本語脚本:青井陽治   
演出:城田優   
音楽監督:西野誠

出演者:岸祐二 上野哲也 小山侑紀 杉浦奎介 関谷春子 豊原江理佳 和田清香 

会場:赤坂REDTHEATER   
〒107-0052 東京都港区赤坂3-10-9 赤坂グランベルホテルB2F

公演スケジュール 
2016年5月28日(土)~6月7日(火)
 
※開場は開演の30分前 ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

チケット発売  2016年3月12日(土)  

●チケット(全席指定・消費税込) 7,000円
☆ミュージカル始めまシート 4,000円(当日引換券・限定枚数、チケットぴあのみ取扱い)

●チケット取扱
◎チケットぴあ 
電話:0570-02-9999[Pコード…448-652] インターネット:http://pia.jp/t/  (パソコン・携帯)
店舗:セブンイレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

◎ローソンチケット 
電話:0570-084-003[Lコード…33309]
0570-000-407[オペレーター対応] インターネット:http://l-tike.com/ (パソコン・携帯)
店舗:ローソン、ミニストップ店内Loppi

◎e+(イープラス) 
インターネット:http://eplus.jp  (パソコン・携帯)

☆スペシャルトーク 
2016年
6月2日(木)19:00開演  
全席指定4,500円

公演に関するお問合わせ:ワタナベエンターテインメント:03-5410-1885(平日11:00~18:00)

公式HP https://appletree.themedia.jp/

-ニュース
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.